Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

10月9日(予定)エスクードミーティングのご案内

10月9日(予定)エスクードミーティングのご案内 はコメントを受け付けていません

日頃ほとんど役に立っていないエスクードのファンサイト・ESCLEVですが、5年に一度くらいは腰を上げていまして、地味に記念イヤーウェブ企画を公開し、そのコアイベントとしてエスクードミーティングを開いてきました。

20周年 下館オフロードコースにて

 

毎回無い知恵を絞ってインタビューや対談、デザイナーへの取材などをやってきましたが、主催者も年老いて脳髄の引き出しもそろそろ枯渇しております。なにより雑誌と異なり広告が出ませんから協力してくださったユーザーさんに何一つお礼もできず、手弁当でよくやったよねえという周年企画です。

25周年 朝霧高原ふもとっぱらにて

3回やればもう十分だろうと、前回の記念企画をもって地味なまま鎮静化しようと決めたことは決めたのです。ところが、暦を遡ったら、2023年のエスクード誕生35周年が、どうしたことか、ESCLEVの立ち上げ20周年と重なっているのです。もういいや、もうやらないと言いながら次が出てくるなんて、昔の宇宙戦艦アニメじゃあるまいし、みっともないことこの上ないのですが、これをやっておかないと寝ざめが悪いし、後年誰かの元へ化けて出そうな怖い考えもよぎりました。

30周年 あたご天狗の森スカイロッジにて

そのような次第で、2023年5月に向けて、本年10月9日を予定として、記念ミーティングを開催いたします(ただし台風の接近や大雨により河川敷が危険な状態と判断されるような場合は中止となります)

開催地は、神奈川県厚木市の相模川河畔、いわゆる「猿ヶ島」河川敷を借用するため、SSC出版の二階堂裕氏が河川管理者に対して使用承諾手続きを取り付けてくださる予定です。二階堂氏はそもそもエスクードの生みの親ですので、当日ゲストでお招きします。

現時点(4月4日)で決定しているのはここまでです。新型コロナウイルス問題も無視はできません。当日、バーベキューなどの催しやオフロード走行の機会を設けられるかどうかは未定です。感染症対策に基本的な事柄を順守する前提で、歴代ユーザーさんにお集まりいただき、記念撮影を行うことが主目的です。その模様は、23年5月に発売されるジムニー・スーパースージー誌上にて特別企画としてページを割いていただくことになっております。

連動企画で制作・この日有償頒布する記念Tシャツという趣向もありますが、あくまで記念撮影のためのミーティングです。今後詳細自公が決まる都度、本欄に情報追加してまいりますが、バーベキューなどの設営に協力いただける有志が手をあげてくださった場合、かかる費用は当方で負担いたします。

まずはミーティング開催のお知らせです。ご予定を検討いただき、参加した下さる方は、下記アドレスまでメールにてご連絡ください。その際、お名前、在住地、参加される車両と人数、当日の直接連絡先をご明記願います。

尚、開催予定地は未舗装路であるうえ河川増水後には地形も変貌します。ノーマル規格のエスクードならば問題ありませんが、藪の通り抜けで車体に傷がつく可能性があります。それらの事態を含め、一切のトラブルには関知いたしません。

 

さてここからが今回のメイン企画です

関東以外の遠隔地から、ミーティング開催地へはどうしても来られないという方々もいらっしゃると思います。しかし来年5月まではまだ間があります。例えば北海道、あるいは沖縄県など、各地で独自にミーティングを開ける方々、実際にそれを開催されたならば、上記アドレスまで、記念撮影写真や簡単なリポートをお寄せください。

例によって紙面掲載させていただく以外のお礼は何もできませんし、イベントに絡んでのあらゆるトラブルには関知しませんが、せっかくの機会ですので、ご当地ミーティングによる連動記念としてお誘いいたします。締め切りは2023年1月末日まで、お待ちしております。このご協力をいただく際も、新型コロナウイルス対策については万全を期すようお願いいたします。

ESCLEV事務局

 

これ以降の詳細案内は、ここより下記に加筆していきます。

 

 

Comments are closed.