Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

山より大きな猪は出ぬ

6 Comments »

山に生息するあいつらが山より大きなはずはないというのは至極当然の道理。器より大きな中身は無いのよ、という意味であり、大言壮語もたいがいにしやがれと諭してくる言葉です。

2018年が誕生30周年であったスズキエスクードを我々なりにアピールしたいと、昨年は沢山の人々にご尽力をいただきました。30年ですよ、さんじゅうねん、という大口をたたいた割には、大したことはできませんでした。まさに猪並みのスケールで野山を走り抜けただけ。しかし面白楽しかったことも実感できました。要は、器の中身の大きさを論ずるよりも、密度の方が大切だったのです。そこを伝えきれなかった反省点も、もちろん残るのですが。

あと数カ月で、平成という歳月も更新されるなか、昭和の終わる直前に誕生したエスクードが、趣向は変わりながらも現役のブランドで新しい元号を迎えられることは、やはり慶事です。器より大きな中身は無い、と正論を受け止めながらも、四世代にわたるこのブランドの魅力については、我々は引き続き大口をたたいても良いではないかと感じています。

ところで、毎年のことで申し訳ありませんが年賀状を出し遅れております。

にもかかわらず、元旦から沢山の賀状をいただき恐縮しているところなのですが、そのなかで今のところ「ことし一番」というデザインの賀状を送ってくださった人の差出人名がありません。

←どなたでしょう?

 

Manuia le Tausaga Fou!

No Comments »

平成最後の忘年会 ←使ってみたかったのっ

No Comments »

焚火の方はまだ最後かどうかわかりませんが、忘年会は平成最後の開催となります。だいたい16時頃から火が消えるまで。

しかしあれだね、21世紀になってもこういうのは、変わらないことがほっとしますね。

ざっくりと当日の模様はこちら

青影さんとs.Doさん提供による焼鳥は、あわせて120串!。ひとり10本はこなさねばならないすさまじさです。ここにAMGさんが持ち寄った牡丹肉のソテーと鮎の塩焼きが加わり、かわねこさんが昨年から予約しておいてくれたシュトーレンが待ち受けています。しまった、うちで作った豚汁、食ってもらえる余地はあるのか?(食ってもらえました結果、AMGさんのつきたての餅の出番がなくなった)

焚火忘年会は、かわねこさんの来訪が軸となっていますが、ことしは先月半ばに肋骨を6本ばかり骨折したSIDEKICKさんの復帰という側面もありました(左の写真の中央にいるのが彼)。これはもうリハビリを促さねばなるまいと、参加者総出で彼を笑わせようとありとあらゆるジョークで波状攻撃。ひどい歓迎です。笑ったらまだ痛いもの。しかし彼は2月の新年会には完全復帰で板チョーを務めてくれることになりました。

もうひとり、初参加で、しかも東北人としての初参加を果たしたのが、あの いわさきさんです。エクリプス・クロスはまだ買えていない(笑)ので、高速バスでやってきました。

「茨城、すてきですっ。仮面ライダー、スーパー戦隊のロケ地が沢山あるっ」

実はそういう娘っ子です。そうかそうかと、ロケ地巡りにも連れていきましたよ。

大爆発五秒前 和邇さんの手記040

4 Comments »

都内も朝はかなり冷え込むようになってきました。

先日、サイドキック2号はスタッドレスに履き替えましたが、あろうことか会社の倉庫に保管しておいた蓮田さん用のスタッドレスが、出入りのダン■ップ星人に廃タイヤと一緒に持ち去られてしまい、更にありえないことに別会社の社員に格安で転売されてしまったとのこと。

無論、ダン■ップ星人は蓮田さんの波動衝角を用いた示威行動に恐れおののき、自社製の新品スタッドレスタイヤ4本を(ホイール無しで)届けてきやりましたが、もともとダン■ップ嫌いの新帝国臣民がそれで得心する訳がございません。

『買い戻してこい!』

と一喝してやりました。

現在、転売先の相手と交渉中のようです。果たして如何あいなりますか?

 

オゥ、なんてこったい。

「めちゃくちゃ相手が悪い」ってところからタイヤを持ち逃げするとは、わからなかったとはいえダン■ップ星人のことしの一文字は「災」以外の何物でもありませんな。

有志に告ぐ

4 Comments »

Twitterで「スズキ・エスクード」と検索すると出てきた左のつぶやきは、元部下の吐露する一言です。

この2年弱でBLUEらすかる、ぷらすBLUEともずいぶん運転してもらい、時には「雷蔵の娘さんは仙台で就職したらしい」という誤報も飛び交ったほど。

むむむ・・・ちょっと教育が足りませんでしたかね。忘年焚火の宴に呼びつけて、もういっぺんエスクードのなんたるかを説教せねばなりませんかね。

というわけで、それが実現するかどうかはあてになりませんけど、忘年焚火の宴(30日夕刻から)まであとわずかです。来る人は雷蔵まで申告をお願いします。

もうひとつ、ぼちぼちエスクードマイレッジ2019年版のカバー写真も募集します。夕刻から明け方にかけての、宇宙と接しているようなイメージのエスクード(代は問わず。ただし横フレームのみ)の写真をお待ちしております。

 

で、元部下ですが、あんなこと言ってるうえに、乗っているのがスズキのレッツ4で、実家のミニカには「弥太郎」と名付ける、なんかもう別の意味で大胆不敵なやつです。

 

久々に見る風景

久々に見る風景 はコメントを受け付けていません。

土浦市でのつくばーどの折、新月さんがitoさんのヘリーハンセン・リミテッド(TD51W)をしげしげと眺めていました。

「itoさん、これ16吋のホイールですよね?」

直4で2000ccのエスクードは、純正規格ならば215/65の16インチがタイヤ・ホイールのサイズです。

ただしitoさんはヘリーハンセン専用のアルミホイールではなく、スタッドレスタイヤと社外品の組み合わせでした。彼は岩手県にご実家があるので、早々と冬装備にしている・・・

のかと思ったら、先シーズンから履きっぱなしだった(笑)

「いま気がついたんですけど、このホイール、うちのと同じです」

 

と新月さん。ああ、それは気がつかなかった。のまちゃん(TD01W)はゴールドウイン・リミテッドのノマドですが、こちらも純正のタイヤ・ホイールではなくサイズのみ205/70の16インチに合わせた社外品を使っています。

このご時世、初代同士が居合わせることなんてこの手のイベントでもなければ無いわけですから、装備が同じだと話が盛り上がります。その盛り上がる風景というのも、なんだか久しぶりに見たなあ。

試しに つくばーどin土浦Ⅱ

2 Comments »

たちばなのとん汁に対抗できるのは創業年度くらいかもしれませんが、とん汁を食いにツーリングする企画があるんだから、わかさぎの天ぷらを食いに行つくばーどがあっても、罰は当たらないでしょう。

という屁理屈で、たぶん「Ⅲ」にはつながりそうもないけど本日これを開催します。来られる人は午前10時に、現地近所の喫茶・蔵に集合です。

 

で、食ってきました天丼(上)と天ぷら定食(上)

ほたて食堂は実際には「保立」さんで帆立でも甫立でもないのですが、かき揚げにはホタテの貝柱がこれでもかというほど入っております。

「雷蔵さんが卒業した後の、私の時代の学校長が、ここの出の人でしたよ」

 

と、風花さんが教えてくれました。

ワカサギ天は天ぷら定食についてくるもので、天丼を頼むと食えない。そこが悩みどころでしたが、妻が定食を注文しながら「あたし実はワカサギが苦手」だということが判明し、無事に僕の胃袋におさまるのでした。

というわけで、当日の様子はこちら

焚火忘年会は小晦日開催です

4 Comments »

小晦日(こつごもり)というのは、大晦日の前日を表します。

そうです。12月30日夕刻かわねこさんがやってきます。ということは、つくばーど忘年会の設営です。庭先と焚き木はこちらで用意します。テント設営したい人はご自由にどうぞ。

ただしイノシシの襲撃を受けることは必至ですが。

日時確定のつくばーどin土浦Ⅱ

日時確定のつくばーどin土浦Ⅱ はコメントを受け付けていません。

予定表明となりますが、風花さんもクロさんも、先日のBレイドで「ほたて食堂にはぜひ行ってみたい」とそれぞれリクエストしており、あそこだったら我がエスクード・マラソンクラスの盟友であるitoさんも近くにいらっしゃるし、うまくすると飯食った後に近くの喫茶店に立ち寄ったらもう一人のエスクードユーザーさんもいるなあと。

そういうことなら、天ぷら定食を食いに行きましょうか。

告知 つくばーどin土浦Ⅱ

ただし現時点で日時未定(笑)

12月2日に開催が確定しました。

ひとまず風花さんとクロさんの日程のすり合わせがうまくいきました。itoさんにも声をかけてみましょう。まあ僕なんかは帰省していれば一人で食いに行っちゃえるんですが(こらこら)

暖簾にはひらがなが染められていますが、正しくは保立食堂。操業が明治2年と、実は近所の蕎麦屋の吾妻案総本店よりもちょっとだけ老舗です。

天ぷら定食も捨てがたいのですが、僕が十代の頃に食っていたのは天丼でした。そういや久しく頼んでいない。それぞれについてくるあら汁は、創業当時からの味を守り続けている(いやさすがに僕では半世紀も遡ることができませんが)とか。

土浦というのは、僕にとっては楽園の街です。風花さんは僕より何年か後に楽園の3年間を過ごしているのですが、いずれにせよ歳月が過ぎれば街の方が変わってしまいます。それを行きつけというのか?と言われそうですが、行きつけだった喫茶店が20軒はありました。今や3軒くらいしか残っていません。そんな寂れ方もまた趣があるというか、まだ、健気というより勝気にいてくれるのが嬉しいところでもあります。

 

では、とりあえず10時に食堂近所の「蔵」で集合。まずはコーヒーから。

 

 

 

 

予告する 和邇さんの手記039

予告する 和邇さんの手記039 はコメントを受け付けていません。

最近鳴りを潜めている新帝国WANIですが、こちらもよせばいいのに御用聞きなんかしちゃいましたところ、

これからの計画としては、ミカン型の波動コアを爆装した2号で桶川・春日部・小美玉・岩間を強襲し、蓮田さんのコドモリバースシステムで増幅暴走させることによって、全人類を中二病にしてやるわい。

やはり、愛が必要なのだ。大いなる愛、がな。

という返信が雷撃の速度で戻ってきました。やっぱりだ。文面から察するに、宇宙戦艦ヤマト2002の新章が公開されたから、それ観に行って英気を養っているようです。

しかしこちらの調査によれば、「働かせ方」改革の渦中に陥れられたDr.ワニは戦闘員の有給消化の肩代わりで、自らは全く動けないといううわさもあり、この襲撃計画がいつ実行できるのかも定かではないと・・・

いや待て? こっちが不在の平日に奇襲をかけてくる気じゃないだろうな?

うーん、やりかねない。

さらには密かにお嬢たちを特訓して、単独遠出ができるまでにスキルアップを遂げさせているのかもしれない。

ぬぬぬ・・・ありえないことではない。

だけどどうせなら仙台まで来てもらって、作戦室から物資搬出するのを手伝ってほしいんだよなあ。来年の1月下旬でいいから。