Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

我 侵攻セリ 和邇さんの手記060

2 Comments »

というわけで、ついに新帝国WANIの旗印が完成したのぢゃ。

既に雷蔵めのサイトにも侵攻を果たしたのぢゃ。

見たか我が帝国の恐ろしさ。

 

・・・なにを寝ぼけたことを言って・・・

・・・・

ああっ!

 

てなわけでして、本日より2021年度。

追記 4月2日付で侵略鰐は捕獲しましたので、サイトの状態は変わっております。

つくばーどの世代交代

No Comments »

霰が新潟大学時代のお友達を基地に招き、霙も加わり「モンスターハンター」大会の様相を呈する週末でした。

で、このお嬢さんが父親仕込みで「鉄腕バーディー」「機動警察パトレイバー」のファンだという話は聞いていましたが、実際に対話してみると特撮とアニメに関してはうちの父娘の対話よりも濃厚で、「おい泊ってけ」という展開になっておりました。

霰とお嬢さんは、それとは別に仲良し同窓会の定期交流会がコロナ禍で停滞しているため、そろそろ様子を見ながら集まろうかという打ち合わせもしていましたが、その場所が天狗の森で、我々がかつて使っていたあのロッジを候補にあげているのです。おいおい、あのロッジ今いくらかかると思ってんだよ? とビビらされてます。一人あたり我々のときの四倍だぜ。でもそのグランピングは彼女たちにとっては、年に一回か二回ならそれでいいかなーという勘定らしい。

そんな形で天狗の森の世代交代が息吹くとは!

 

 

第20回Bレイド開催です

No Comments »

ここんとこ参加者は激減してますが(涙)、初期の頃に年3回もやっていた方がどうかしていたのかもしれないです。

第1回目は2004年、浜名湖と遠州灘でした。それにあやかって霞ケ浦と鹿島灘あたりをステージにしました。レイドの性格上、「密」度は極めて低く抑えていけます。午前9時半にスタートします。

この写真がエントラントと勝敗のすべてを物語っているのですが、スタート順序を決めるじゃんけんの図。寒いんだから(このとき5℃)あいこを連発するなっと言いかけたところで決着がつきます。まあ要するに出走2台、ステルス(どなたか伏せる)エイド役1台という参加で展開。ゴール後の採点も同点となり、またもやじゃんけんか? という場面もあり、なんだかんだで無事に開催できました。写真を選択中なので、リポートは後日。

今回、鉾田市のカフェ「CUP OF JOE」さんがCPの一つとして協力してくださり、レイドの内容に趣向を増やすことができました。コロナ禍でなかったら、ここを昼食のバンキングポイントにしたかったのですが、参加者がオーダーする好きな飲み物をテイクアウトで提供していただきました。このタスクを入れていなかったらほんとにこっ寒いだけの行事に終始するところでした。暖かい飲み物がより美味しくいただける日和でした。

 

Bレイドのタスク

No Comments »

Bレイドは黎明期、CP巡りだけでなく、辿り着いたCPで何かしらタスクをこなすという趣向がありました。広場の地面にテープでマーキングしてそれを踏まないようにS字や縦列をこなすクロカン練習や、ダーツを投げてポイント点数を決めるなど。

しかしこれは今だと密を産み出すので実践するのが難しい。短い滞在時間の中で何か考えなくてはなりません。

そこで今回、CPのひとつとして協力してくださるカフェの計らいにて、テイクアウトでワンドリンクをオーダーするという趣向が盛り込まれます。雷蔵が注文したものと同じだったらポイント倍増となります。

参加者用ルートブックに出題するキーワードを申告すれば、壁に書き出されている飲み物ならば、ひとり一杯(二人なら二杯)、どれを頼んでもОKで無料です。本来なら昼食ポイントにしたかったのですが、ご時世なのでやむなしです。

県境をまたぐ、不要不急の外出は自粛。という状況が利根川の向こうでは続いていることは承知していますが、不要と言われるのは聊か哀しい。万全かと問われれば万全にはきりがないので、極力、コロナ禍対策を講じて臨んでいきます。

お知らせページは閲覧数増えてるんですが、参加者は伸び悩んでます。ぜひ、とも言いにくいんだけれど、エントリーをお待ちしています。

 

つくばーどinらいとにんぐ桶川04

2 Comments »

昨日のブログを読んでくださったSUUUさんが深夜、「ちょっとお邪魔しますね」と連絡をよこしてくれて、密を回避しつつ短時間のらいとにんなぐつくばーどが実現しました。

「自粛ムードはあるけれど、うちのほうはそこそこ賑わっていますよ」

「皆が感染防止に気を配って行動するなら、外に出た方が健全な気がします」

などと社交辞令もかわしましたが、エンジン談義に修理話で賑わいまして、あとは渡辺代表から、その場には居合わせないけれど店に通ってくるエスクードユーザーさんたちの近況をうかがうことができました。

 

2度目のBLUE

No Comments »

女性向け青年誌でオンライン配信となると、まったく守備範囲外だったので知りませんでしたが、気象研究と防災という舞台に放り込まれた女の子の目を通して、気象予報や災害を扱うのはジャンルとして面白かった。ただ、主人公の女の子を翻弄する研究者の青年の描き方は、いまどきこんなんでいいのか?と思わされるサイコパスでパワハラな・・・ふた昔前だったらそういうキャラクター設定はあちこちでありましたけど。まあでも、面白い。つくばの気象研なんか出てくるし。

BLUEMOMENT、の表題に目をとめたのも事実です。ヨーロッパで生まれた言葉ですが、僕なんか妙な時間帯に移動してますから、滅多に見られない風景でもない。要は日の出前のわずかな時間、明けてくる空が青くなって、周囲の世界も青に染まる自然現象。日没後にも見ることができます。漫画は明け方のそれをイメージに用いています。でもって何が2度目かというと、この作家さんは自らグライダーを操縦するそうで、以前BLUETHERMALという漫画を描いていました。

こちらは大学のグライダー部活に放り込まれた女の子が主人公で、上昇気流に機体を乗せていく天性のカンを見出されていく話で、僕は仙台時代に読んでいたため単行本を引っ越し荷物のどこかにしまい込んでしまって、読み返せないんですが、そこそこ面白い。2度にわたってBLUEを持ってきたからといって、僕と違って懲りない作家さんというわけではありません。僕はエスクードばっかりですが、作者・小沢かなさんはテーマを変えていますから。

ところで、滅多に見られない風景などと書いてしまいましたが、写真に残そうとするとそう簡単ではなく、それっぽく撮れたのはノマドで出かけた湯の岳での明け方だけで、先代らすかるでもBLUEらすかるでも美しい青の世界になりませんでした。こと今回は三脚も持たずに撮りに行ったので、よーく見ると手ブレしてます。チャレンジする人がいてくれたら、次の写真展の題材にこれを取り上げようかとは考えていますが、冬の間じゃないと撮りにくいんだよね。

Bレイド準備中です

No Comments »

3月の予定として、第20回Bレイドを企画しています。実はレッキは不要不急の外出をするなと要請される以前に終了しており、CPも10か所選定できています。買い出しトライアル以上に「密」は避けられると思います。

参加してくれる人、います?

 

自由な日々が失われたときに

No Comments »

残されたものは・・・そんなに少ないわけじゃありません。楽観しているのでもありません。「林道に行きたがっている人、そこそこいますよ」という声も聞きました。だから最大限、他に迷惑をかけないようにして、失くしたと思い込んでいる自由と放埓の散歩に出かけます。出発はセブンイレブンつくば国松店から、午前九時です。通れなければ引き返しもありますけど、実は想像もしていなかったところが通れないんだこれが。

というわけで、リポートはこちら

いろいろと通れないはずのポイントで通行止めが解除されていたり、自治体のお知らせと異なりあと少しのところでバリケードに阻まれたりの珍道中でしたが、何より痛感するのは、年齢層に関係なく、林道における時速20キロという数値は法定速度なんだということを、多分知らない人がどんどん増えていることです。なんというか、林道の舗装化の弊害にも感じられます。かつて四駆雑誌がたくさんあった頃は、各誌がそのことを訴えていたものですが。

どん底の日々なんか願い下げだ

4 Comments »

2001年新年会

まったく、僕らが何をしたんだよ?と言いたくなるほどに、オフラインミーティングはもってのほかの日々となってしまいました。一方で、娘らを見ているとZOOMを駆使してオンラインで友人たちとのコミュニケーションで盛り上がっているのが日常の風景。

そのことを否定する気は無いんだけれど、そうじゃないんだよ、この二十数年、様々な機会を設けて外へ出かけて遊んできたことをいっぺんにひっくり返された気持ちをどうすりゃいいんだよ。って、いったいどこへ向けて叫んだらいいのかもわかりません。

2011年新年会

月遅れの新年会は、つくばーどのおおむね「その年の最初の行事」(たまにそれをフライングしてくるやつもいましたが)でしたが、あの人数が一か所に集まって会食なんて、今やったら世間から石つぶてを投げ込まれるばかりか、万が一の事態が無いとは言えなくなってしまいました。

企画も無いし告知もない。ブログも旧態依然かコメントも無い(笑 そりゃ記事がつまらないからだろうよ)。といって過去を懐かしんでいても面白くもなんともない。こうして物事は時節に乗っかって変革をしなければ、やがて衰退し滅んでいくのですかねえ。

 

ここは入れません

とかぼやいてるの厭なんで、毎度のことでつまらないでしょうが筑波山界隈の林道に出かけることにします。BLUEらすかるはスタッドレスの山がなくなりつつあるので、雪中のラッセルは無理なのです(筑波山中だって、たぶんあちこち凍結してるんだろうけどね)

2月11日に行こうと考えていますが、足慣らしをしようという人は連絡ください。

いつしか旬を過ぎましたか

2 Comments »

富里市のシンボルと言われ、2006年にスタートした「つくばーど・Sレイド」の34番目の課題の場所であった巨大スイカが、解体されているというニュースを見ました。

ああっ、ここもまた時代の流れに乗せられて去っていくのか。この解体方法は、もう1か所の岩手県のスイカ柄ガスホルダーでも行われたものです。あっちにはまだ一基、現存しているはずですが、それもいつかは・・・