Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

クリアラップと思いきや

2 Comments »

Cyber-K さんとの動画撮影談義で、歴代デュアルパーパスなビークルであるエスクードの走るシーンには、野山だけでなく都市においてもその姿を収録したい。という趣旨のやり取りをしておりました。

四代目においては街なかにあっても面白くもなんともないほど溶け込んでしまうとはいえ、そこはエスクードなのですから。

しかし実際、地方都市であっても交通量のある日中の撮影は難しい。他車の流れを乱さず、それでいて撮影対象が他車と被らずにフレームにきちんと収まっていなくてはなりません。

コツは路地から「先頭で左折で」出ていく。このタイミングで、後続車とはある程度距離を開けられます。

あとは撮影者がここぞという距離感でシャッターを切ってくれれば良いのですが、このときは僕が運転し、霙が横断歩道橋の上からカメラを構えていました。2ブロックのクリアラップ創出に成功しており、ぷらすBLUEは田舎の街を颯爽と走り抜けていきます。

が・・・最後の最後で左から追い越されるというNG(笑)

いやー、特にこちらの速度が遅かったわけじゃないんですけどね。

それよりも200ミリの軽量ズームとは言え手持ちのためか、スポーツモードのオートフォーカスが追随しきれないか。まあ全体的にピンがあまいというかぼけてましたので、一連の霙の協力はすべてボツとなっております。

バズってますよねー

4 Comments »

やー、これはステキ!

 

四国の風景がまた素晴らしい。路面電車から撮るとか路面電車と併走するとか、街を走るシーンもあれば完ぺきだったと思います。

そこは負け惜しみでも突っ込むぜ。

コメント欄にだけリンクさせておくのはもったいないので紹介。

つくばーどin妙高高原16

つくばーどin妙高高原16 はコメントを受け付けていません。

台風の余波も考慮の上、林道に分け入るのは二日目として、本日は「たちばなのとん汁」を優先です。

「二日目、とん汁ないのかっ」と言われちゃうと、それはそれで申し訳ないんですが・・・二日目も林道は途中引き返しだろうから。

こちらについては、現地集合の際に。

まあほら、あれです。

当日の様子はこちら

 

正座で盛り蕎麦 和邇さんの手記049

正座で盛り蕎麦 和邇さんの手記049 はコメントを受け付けていません。

銀河鉄道に乗り遅れたもんで、蓮田さんでひとっ走りぢゃ。

あー、5月以来なので(しかもカブ乗ってたし)忘れられているかもしらんから前もって言っておくが、わしは新帝国WANIを率いるDr.ワニぢゃ。蓮田さんというのは新帝国が誇る軽機動マシン、ハスラーのことぢゃ。いやなに、いつものサイドキック2号のステアリングが重くてたまらんので、楽な・・・

いやそんなことはどうでも良い。

見たかつくばーどの諸君。ライゾーめが不在となった東北侵略などこれこの通り、朝飯前で攻略できるのぢゃ。しかし種山高原星座の森の献立の少ない料理店め、噂の特製ラーメン「銀河鉄道の夜」を食ってやろうと思えば、スープにわしの苦手な○○○○を混入させておるではないか!

やむを得ぬ。朝飯前に攻略したから腹も減っておる。ここはひとつ、ライゾーめさえその正体を知らぬであろう「星座の森そば」を本邦初公開してやるわ。

どうぢゃ、この期待を裏切らぬしつらえ。なになに? 味はどうかぢゃと? そんなことは自ら星座の森の献立の少ない料理店に赴いて注文するのぢゃ。ひとまずわしは正座していただいてきたぞよ。

 

種山高原は203高地ではないっ(笑)

と突っ込みを一応入れておきますが、和邇さん一昨日は脇目も振らずに岩手県まで北上しており、昨日は須賀川まで南下する計画だったようです。

なんで須賀川かって言えば、やはり市民交流センター内の円谷英二ミュージアムを攻略するつもりだったのでしょう。

あそこ、火曜日は休館ですけどね。

この後の動向から目が離せません。

宇宙指令Mナノヨ

宇宙指令Mナノヨ はコメントを受け付けていません。

無事に会えたようです

たぶんこの標題は和邇さんあたりじゃないとわからないだろうけどそれはさておき、怪獣酒場襲撃前夜。

特殊部隊の編成には予定が合わず合流を断念したマミポコさんに、仙台で彼女に引き合わせたいわさきさんを再会させてやりたいというメガトンクラスのお世話を焼いて、

「彼女(マミポコさん)がビッグサイトに来ているぜ」

と、耳打ちしたまでは良かったのですが(良かったのか?)

 

「わっかりましたっ。ビッグサイトってどちらですか?」

えっ? と一瞬思いながらも有明だと付け加えたら

「えーと・・・えーと・・・」

「おいっ、まさか東京国際展示場を知らないなんてこと」

「えーと、横浜でしたっけ?」

いわさきさん、今はれっきとした東京在住の人なもんで、まさかそういうリアクションが帰ってくるとはマクロス級に予想外だったのです。あやうくスマホを落とすところをこらえながらもこちらはへなへなですよ。

「脱力感マキシマムな面白さだそれ。明日いじってやる

という前哨戦がありました。

いやすまなかった。湾岸が守備範囲外だとまでは読めなかったのだよ。その後彼女(いわさきさん)が、マミポコさんが待ち合わせに指示してくれた東京駅構内でどのくらいさ迷ったかは定かではありません。

地図にないカフェ・・・いや酒場

地図にないカフェ・・・いや酒場 はコメントを受け付けていません。

つくばーどによる特殊部隊は今夕、バルタン星人、メフィラス星人と戦ってきます。

もう明らかにこっちが侵略者。

営業妨害だとか言われて叩き出されなければいいけど・・・

 

そんなわけで、編成された面子の頭文字を並べたら「HIMAR」となり、まあ文字通り暇な奴らによる怪獣酒場の襲撃は決行されたのであります。

しかしですよ、この歳になってジャミラの口に手を突っ込むことになろうとは思わなかったね。これだけでもう充分に怪獣を蹂躙してますよねえ。でもウルトラ戦士の因子なんかを持っていると、この手はきっと食いちぎられるのです。

実は娘たちと居酒屋に出かけるのは初めてです。

「そっかー。霰ちゃんも霙ちゃんも、酒が飲める年頃になったんだねー」

とは、はまたにさんの感無量な一言。もう一人の娘・いわさきさんは、マミポコさんから預かった沖縄限定のポケモンをはまたにさんに譲渡しようとしたのですが、譲渡の譲渡は禁則事項で成立せず。

そして待ち受けていたのは宇宙怪獣エレキング。キングジョーがいると聞いて、キングジョー推しだった霙は「秘密の部屋」が模様替えされたことにブーイングです。激闘の末、薄暗い部屋をも閃光であふれかえらせるハマタニフラッシュが炸裂しておりました。

当日の模様はこちら

星ひとつ遠く仰ぎて

2 Comments »

霰の同級生、Nくんから僕とウエストウインの島社長宛にメールとカブ旅の写真が届きました。

経過を記すと、どうにか宮崎県の実家にたどり着き所要も済ませることができたそうで、帰路は時間も残されていないことから神戸までフェリー、日本海側へ自走し敦賀からまたフェリーで新潟県へ戻る予定で、福岡への立ち寄りは叶わなくなったということです。

残念ですが無事に帰り着くことの方が優先されますので、勝手に立った応援団は静かに見送るのみ。いやいやかなり楽しませていただきました。

ということで、Nくんより。

今回の旅行に際して急な話にも関わらず、御二方には多大なるご配慮を賜り、誠にありがとうございました。
恐らく帰りは時間と金銭的都合から新潟~神戸と敦賀~新潟間はフェリーで、神戸→敦賀を走るだけとなりそうです。
島社長、お声をかけて頂いたのに寄れずじまいで申し訳ありません。

今回の敦賀→宮崎間のスーパーカブカスタム50での旅行は1年ほど前から計画しておりました。
当初は新潟から走る予定でしたが、1380kmという数字に少々怖気づいた(飛行機だと900kmなのでそのくらいだと思っておりました)ことと、7月の初めに亡くなった祖父の四十九日に間に合わないことから、敦賀までフェリーでショートカットすることになりました。
購入から1年経つ1996年産ものですが、大学の調査で糸魚川までの片道180kmを何度も往復していたので、そこそこの自信と慣れたころの慢心が危ないという想いを持ちながら走りました。
なんとかなって良かったです。着いたときはしばらく乗りたくないとも思いましたが、3日も経つと忘れてしまいました。
機会があれば来年の夏かなと思っています。
それでは。ありがとうございました。

つくばーどin土浦 03

6 Comments »

前回のほたて食堂に続くこと明治六年の創業ですから、ぼちぼち150年にさしかかり、母屋は築200年に達する立派な老舗。ずっと、蕎麦の好き嫌いの基準は吾妻庵総本店の味で比べてきました。が、なんかこう最近、それじゃ商売だめなんじゃない? と感じてもいる複雑な心境でもあります。ありていに言えば味は落ちている。だから本当に嫌になってしまう前に、土浦探訪のつくばーどで出かけることにしました。

ではのちほど。

というわけで当日の様子はこちら。筑波宇宙センターの月球儀と言えば、「仮面ライダーフォーゼ」のオープニングで如月弦太朗こと福士蒼汰さんが番長?座りしながら手を添えるシーンが印象的だったので、SIDEKICKさんにやってもらったらかなり照れていたので腕だけ(リポート上には全身出てますが)

その後、国土地理院で測量技術の変遷などを見学しました。

えっ? 蕎麦屋? 今回は割と良い蕎麦を出してもらえたと思います。いやむしろ蕎麦はとてもうまかったのです。が、なんでしょうね最近、何処の蕎麦も辛みを抑えるどころか甘口のそばつゆ主流になってしまって、そこが残念なのです。吾妻庵はもともと甘めだったのですが、ちょっと度が過ぎてきたような・・・

The easy life なあなあ日常

The easy life なあなあ日常 はコメントを受け付けていません。

唐突に三浦しをんさんの題名をひねり出しているのは、彼女の作風が家族を取り上げることが多いのと、~なあなあ~が2009年の出版(連載はもう少し前)だったからですが、なんでかと言われたらば「表題なんていつも趣味で考えてるし」としか答えられません。

なあなあ、と、easyは、悪くするとチャラっぽく読まれるかもしれませんが、三浦さんの物語では「ゆっくりと」という方言として出てきます。

「宇宙の日」でもなく、「水路記念日」でもなく、「鳥取県民の日」でも「セイラ・マスの誕生日」でもなく。いつもゆっくりとというわけにはいかないだろうけれど、なあなあと歩む家族のために。

 

ロードムービーの如く

2 Comments »

この子には一度だけ会ったことがあって、霰が大学卒業で新潟を引き払う際、自転車をもらい受けてくれた学生さんです。まあ期待したほどもなく彼氏指数はゼロなんですが、彼は大学院に進んで地質学の勉強をしており、このスーパーカブで北陸狭しと走り込んでいます。

で、この日曜日から新潟を出発し、実家のある宮崎県まで自走中。写真は鳥取あたりのもので、火曜日は出雲でタイムアウトしたようです。昨日、東広島へ向かったので、岩国くらいまで走れていれば、今日はいよいよ九州上陸ではないかと思われます。しかし彼にはタイムリミットがあり、金曜日に行われる実家筋の四十九日に出席せねばならないらしい。

霰には「故障、不調、困ったことがあったら、つくばーどの雷蔵さんに紹介されたと話してウエストウインの島社長を訪ねよ」と告げてあるのですが、立ち寄るかどうかは不明。

「メンテしてもらったらいくらくらいかかるんすかね。って言ってきてるけど」と、霰のところにLINEが来たというので

「請求書なんか雷蔵に回せって云われたと言ってやれ!」

などとやっております。島さん、もしもこのカブの若者が現れたら、面倒見てやってくださいな。