Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

星ひとつ遠く仰ぎて

2 Comments »

霰の同級生、Nくんから僕とウエストウインの島社長宛にメールとカブ旅の写真が届きました。

経過を記すと、どうにか宮崎県の実家にたどり着き所要も済ませることができたそうで、帰路は時間も残されていないことから神戸までフェリー、日本海側へ自走し敦賀からまたフェリーで新潟県へ戻る予定で、福岡への立ち寄りは叶わなくなったということです。

残念ですが無事に帰り着くことの方が優先されますので、勝手に立った応援団は静かに見送るのみ。いやいやかなり楽しませていただきました。

ということで、Nくんより。

今回の旅行に際して急な話にも関わらず、御二方には多大なるご配慮を賜り、誠にありがとうございました。
恐らく帰りは時間と金銭的都合から新潟~神戸と敦賀~新潟間はフェリーで、神戸→敦賀を走るだけとなりそうです。
島社長、お声をかけて頂いたのに寄れずじまいで申し訳ありません。

今回の敦賀→宮崎間のスーパーカブカスタム50での旅行は1年ほど前から計画しておりました。
当初は新潟から走る予定でしたが、1380kmという数字に少々怖気づいた(飛行機だと900kmなのでそのくらいだと思っておりました)ことと、7月の初めに亡くなった祖父の四十九日に間に合わないことから、敦賀までフェリーでショートカットすることになりました。
購入から1年経つ1996年産ものですが、大学の調査で糸魚川までの片道180kmを何度も往復していたので、そこそこの自信と慣れたころの慢心が危ないという想いを持ちながら走りました。
なんとかなって良かったです。着いたときはしばらく乗りたくないとも思いましたが、3日も経つと忘れてしまいました。
機会があれば来年の夏かなと思っています。
それでは。ありがとうございました。

つくばーどin土浦 03

6 Comments »

前回のほたて食堂に続くこと明治六年の創業ですから、ぼちぼち150年にさしかかり、母屋は築200年に達する立派な老舗。ずっと、蕎麦の好き嫌いの基準は吾妻庵総本店の味で比べてきました。

が、なんかこう最近、それじゃ商売だめなんじゃない? と感じてもいる複雑な心境でもあります。ありていに言えば味は落ちている。だから本当に嫌になってしまう前に、土浦探訪のつくばーどで出かけることにしました。

ではのちほど。

というわけで当日の様子はこちら

筑波宇宙センターの月球儀と言えば、「仮面ライダーフォーゼ」のオープニングで如月弦太朗こと福士蒼汰さんが番長?座りしながら手を添えるシーンが印象的だったので、SIDEKICKさんにやってもらったらかなり照れていたので腕だけ(リポート上には全身出てますが)

その後、国土地理院で測量技術の変遷などを見学しました。

えっ? 蕎麦屋? 今回は割と良い蕎麦を出してもらえたと思います。いやむしろ蕎麦はとてもうまかったのです。が、なんでしょうね最近、何処の蕎麦も辛みを抑えるどころか甘口のそばつゆ主流になってしまって、そこが残念なのです。吾妻庵はもともと甘めだったのですが、ちょっと度が過ぎてきたような・・・

The easy life なあなあ日常

No Comments »

唐突に三浦しをんさんの題名をひねり出しているのは、彼女の作風が家族を取り上げることが多いのと、~なあなあ~が2009年の出版(連載はもう少し前)だったからですが、なんでかと言われたらば「表題なんていつも趣味で考えてるし」としか答えられません。

なあなあ、と、easyは、悪くするとチャラっぽく読まれるかもしれませんが、三浦さんの物語では「ゆっくりと」という方言として出てきます。

「宇宙の日」でもなく、「水路記念日」でもなく、「鳥取県民の日」でも「セイラ・マスの誕生日」でもなく。いつもゆっくりとというわけにはいかないだろうけれど、なあなあと歩む家族のために。

 

ロードムービーの如く

2 Comments »

この子には一度だけ会ったことがあって、霰が大学卒業で新潟を引き払う際、自転車をもらい受けてくれた学生さんです。まあ期待したほどもなく彼氏指数はゼロなんですが、彼は大学院に進んで地質学の勉強をしており、このスーパーカブで北陸狭しと走り込んでいます。

で、この日曜日から新潟を出発し、実家のある宮崎県まで自走中。写真は鳥取あたりのもので、火曜日は出雲でタイムアウトしたようです。昨日、東広島へ向かったので、岩国くらいまで走れていれば、今日はいよいよ九州上陸ではないかと思われます。しかし彼にはタイムリミットがあり、金曜日に行われる実家筋の四十九日に出席せねばならないらしい。

霰には「故障、不調、困ったことがあったら、つくばーどの雷蔵さんに紹介されたと話してウエストウインの島社長を訪ねよ」と告げてあるのですが、立ち寄るかどうかは不明。

「メンテしてもらったらいくらくらいかかるんすかね。って言ってきてるけど」と、霰のところにLINEが来たというので

「請求書なんか雷蔵に回せって云われたと言ってやれ!」

などとやっております。島さん、もしもこのカブの若者が現れたら、面倒見てやってくださいな。

ひとまず順序で蕎麦屋のつくばーど

No Comments »

高級割烹の霞月楼は今後の目標として、喫茶店蔵のツェッペリンカレー、ほたて食堂の天丼とやってきたつくばーどですから、第三弾はやはり吾妻庵総本店の蕎麦を食いに行くことにします。

秋蕎麦まで待つのもありですが、秋蕎麦じゃなけりゃ美味くないのか?という反目により、日時は9月15日で準備します。連休中日で混雑も予想されるので、開店(11時)と同時に入店します。

残念なことに、40年通ってきて、なんとなく蕎麦打ちや水切りが下手になっているかなあとも感じるのですが、130年を越える街道すじの蕎麦屋という設えを見るのも、乙でしょう。

午後は思いっきり対極に、混んでいなければ筑波宇宙センターか、そこがだめなら産業技術総合研究所内の地質標本館あたりを見学に出かけます。参加される方は直接雷蔵までご連絡を。集合時間と場所をお知らせします。

ケンタウル露をふらせ

No Comments »

軽率なことをした。

「機械の体をもらいに行きたいので、銀河鉄道のパスを手配いただけないか」

友人からのメールはいつもの如しだったが、いつもと違っていた。

「あー、メーテルさんは要りません。独り旅と洒落込むつもりだから」

パスを(まあ偽造だけどね)発行しながら、腑に落ちない文面に、何事ぞ? と尋ねたら、重い病の報が届いた。

そんな、俺より若いじゃねーかよ。そのうえ、俺なんかよりずっと知力も体力も使いこなしているはずなのに。

偽造とはいえ、パスなど発行すべきではなかった。そもそも偽造なので、銀河鉄道には乗れるはずはないのだけれど。

だが999もどうやらまだ完結には程遠いらしいし、銀河鉄道の夜にしたところで「第3稿」まではあの結末ではなかった。

どうせ改札を通れない無期限・無制限だけど無効なパスだ。まだ何か手立てはあるかもしれない。

あってほしい。

焼くぜ

6 Comments »

告知する余裕があまりありませんでしたが、たぶん8月末から9月にかけても猛暑は居座るだろうから、「立秋が何だ」のノリで暑気払いです。

本日11時過ぎのスタート、場所は煮炊き焼きの関係からつくばーど基地にて(雨天決行)。牡丹肉も蒲焼も茄子も無くなり次第終了です。というわけでブログ見に来るくらいなら食いに来た方が絶対にお得。参加費用はいらないということなので、ウーロン茶の一本も持参いただければ充分です。

と言ってるそばから・・・

いきなり三筋の牛を焼き始めるSIDEKICKさんは、ついでに豚バラに刻みネギと焼肉のたれを混ぜて揉み出す始末。隣ではクロさんがかーなーり出来の良い茄子とピーマンを火にかけます。で、それがいくらでも出てくる。

ちょっとまて、その肉と野菜、何人前あるんだ?

というところへ、あわや日付を明日だと思い込んでいたらしいAMGさんが駆けつけ、申告していた量のゆうに四倍はあるぞの牡丹肉を持ち出すのです。すると間髪入れずに青影さんがデザート用にといくつもの和洋菓子を披露し、一旦冷やしにかかるのです。

しまった、これはほんとに、二升半どころかご飯一升もいらないんじゃないか?(炊いちゃったけどさ)という、どれもこれも食い放題の凶悪な残暑薙ぎ払いとなりました。あとで聞いたら蒲焼は15人前用意されていたそうです。

「さて、BLUEらすかるにも補給をしようか」

青影さんがストックのエアコンガスを持ってきてくれました。測定すると、やはり体感していた通り徐々にガス抜けしていたらしく、充填後は運転席から離れたくなくなるほどの快適さ。

まあだいたいこんな週末でした。サイトレポートはこちら

十何年ぶりの再会

十何年ぶりの再会 はコメントを受け付けていません。

今はNewおだてぶた(さん)というハンドルを使っていらっしゃる彼は、以前はTA31Wに乗っていて、これにありったけの改造を施し車高を上げて大径タイヤの太いのを入れてワイドフェンダー化。写真の奥にいる先代らすかるなんか地味なもんです。しかしそのためにディーゼルエンジンのトルクも奪われクロスカントリーでは難儀していました。

ヒルダウンは良くてもここを登ろうとすると、エンジンを回さないと進めないし、回すと猪のような猛進となるのです。

しかし何がすごいかって、あのエスクードで関東圏や信州で開かれていたエスクードのミーティングに、夜通し岡山県から参加していたことです。

ディーゼルエスクードは岡山でも排ガス規制によって乗れなくなり、長いこと音信が途絶えていましたが、四代目エスクードの登場時にいち早く、それこそふたみさんやCyberKさんたちと同じくらい超初期の1600を購入しており、十数年ぶりの再会となりました。

相変わらずカスタム化には余念がなく、テンロクですがグリルを当時のヨーロッパ仕様に変えたり、未だに事例の少ない2インチ上げのサスペンションに交換したり、オフロード向けの性能を見出そうと頑張っておられました。

岡山から厚木までの650キロはやはり夜通し走ってきて、無給油で到着。現地には一番乗りで現れます。お互い車種は変わったけれど、エスクードに乗り続けていてよかったなあというひと時です。

こうして四代揃ったエスクードのなかで、確かに四代目は方向性を異にしているのですが、「モノコックモノコック言われたってモノコックなんだからしょーがないでしょ」と思いながらも、エスクードなんだから少しでもオフロード向けにしたいというユーザー層はいるのです。

このあたりのことは、来年になってしまいますがスーパースージー誌上でも主張していきたいと考えています。

週末関東人の脅威

2 Comments »

天竜川に次元断層があって、これを渡ると利根川の左岸

とか

実は空自の浜松基地から輸送機でやってくる

とか

言われていたかどうかまあ定かではないのですが、その荒行っぷりをあらためて振り返ってみたら、やっぱり脱帽ものでした。キリ良く10年前、2009年の例を挙げてみます。

2月 つくばーど新年会

3月 第三回買い出しトライアル

3月(上記の5日後) つくばーどinらいとにんぐ八郷Ⅱ

4月、はまたにさんの幌車いじり

4月 つくばーどin那須高原

5月(上記の翌週) みちのく荒行EXPRESS

5月(上記の翌週) 甲斐食べ歩き

6月 第一回Fレイド

7月 つくばーどin妙高高原Ⅵ

9月 つくばーどinらいとにんぐ飯綱

11月 つくばーどin朝霧高原Ⅱ ←同日第一回Aレイドも開催

12月 つくばーどin筑波山界隈Ⅱ

12月(上記翌日) ESCLEV オフロード走行会

2010年正月 寒稽古 ←早朝来ているということは昨年末から来ている

これはリポート化されている行事だけです。不定期に開いていた夜会はもういちいち覚えていません。中には関東ではない出動もありますが、それももはや大した問題ではない。

おそるべし週末関東人。でも当人にしてみたら、

「一年間に行事を仕掛けすぎでしょうっ」

と憤怒していたのかもしれません。

 

二升と半もいらないよね(24日に確定)

6 Comments »

みんなそんなに若くないんだから(笑)

というわけで、SIDEKICKさんが鰻をとってきてくれるかどうか期待しつつ、既にAMGさんも牡丹肉を用意してくれているので、どうせ猛暑酷暑の残暑になるんだろうし「居座るなら迎え暑気」で行事化しようと思います。

24日11時スタートで、つくばーど基地にて開催。

また基地かよ←それを言わないでーっ。というより、猿ヶ島イベントの翌週というハンデを引きずりますが、参加者が多かったとしても、たぶん二升半もいらないよね。

来られる人はコメント欄にご記入ください。