Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

つくばーどin那須高原Ⅲ

2 Comments »

沢山の参加者に来ていただけました。ありがとうございます。

オフラインミーティングそのものが初めてという人もいらっしゃり、こんな軽くて簡単な設営で良かったのかなあとも思うのですが、会場を提供してくれたチーズケーキ工房真庭ファームの真庭オーナーをはじめスタッフの皆さんは、一度に大量のオーダーを受けながらもてきぱきと対応してくださいました。

初参加者も沢山、初の兄弟それぞれ同型エスクード、初の女性で三代目ユーザーなど、初づくしです。あっ、BLUEらすかるまでもが「修理明け初のミーティング」だったよ。

ということは、つくばーどの悪魔のジンクス、初物が出ると雨が降る。が発動してしまうのではないか?と懸念があったので、事前にみぞれにウルトラハイパーてるてる結界を作っておいてもらいまして、雨はなんとか回避できました。

というわけで、当日の模様はこちら

撤収後、みしゃこうしさんのご協力で第11回買い出しトライアルも開催しましたが、その概略はこちら

物語の眠る場所

No Comments »

本日、つくばーどin那須高原Ⅲを開きます。

那須町界隈は、角を曲がればエスクードが居るようなところでしたが、もちろんそれは昔話。そしてエスクードのコミュニティにかかわってきた人々にとっても、ある意味・・・この言葉は僕は嫌いですが「聖地」のようなところです。

clubESという雑誌媒体主催の企画で初めてエスクードミーティングが開かれたのは、那須町のキャンプ場でしたし、ちょっと那須からは離れますが国内ダートトライアル選手権で二代目エスクードをモデファイした田嶋伸博さんが、セリカもポルシェも打ち負かしていたのが近郊と言えば近郊でした。

つくばーどの場合は、そういう華やかなところではなく、よりユーザー同士のファーストコンタクトで縁のある土地です。

ある友人が真冬の雪道情報を送ってくれて、独りそこへ出かけて行く途中に偶然エスクードの置いてあるログハウスを見つけ、スノードライブからの帰路に立ち寄ってみれば店を出して間もないチーズケーキ工房。軒先のエスクードはもうじき廃車されるところで、そのとき僕にはエンジンが焼き付き窮地に陥った友人からの救援が入っていました。

そのことを、初めて訪れた店舗で相談を持ち掛ける方も図々しかったと言われそうですが、オーナーからは車両丸ごと提供してくださるとの提案をいただきました。問題は、初代同士とはいえ双方のエスクードの「型」が異なり、配線・ハーネス、ECUも異なる点。しかしそれについても、近傍のもう一人のエスクードOBが、自ら引いた配線図ごとノウハウを譲ってくれたのです。

ただし入庫したディーラーからはそれらの作戦をすべて拒絶され、実現せずに友人のエスクードは修復されました。が、そのエスクードがこの工房にやって来るまで、退役したエスクードの方は廃車を待っていてくれました。

真庭ファームは今では開店と同時にお客が列をなし、時には様々な車のミーティング風景も見られますが、エスクードというキーワードにおいては特別な絆を秘めたお店なのです。

行楽シーズンの前に

2 Comments »

ことしは台風の方が当たり年なので、崩落や倒木への注意の方が、林道や山岳ツーリングには重要と思われますが、多くの場合は通行不可能ですから、これは毅然と引き返すことで安全を確保できます。

先日の台風21号の豪雨によって現在、妙高小谷線も落石・倒木で通行止めになっています。いやはや読みが当たったというか、良いときに走って来られたものです。

通行障害が無く、走行が認められているルートという前提で、昼夜を問わず対向車や歩行者への注意を払うことは基本中の基本となります。それと同時に、思わず遭遇してしまう野生動物への注意も必要です。震災以降、東北では鹿よりもイノシシとの遭遇例が多くなりました。どちらがぶつかってきても、そこそこ車のダメージは出ます。動物愛護の観点、はいささかピントがずれますが、まあぶつからないに越したことはないので、林道での走行速度は法定時速20キロ以下という安全対策をとるが吉です。

もう一つ危険なのは、車外に出て写真を撮っている時間。いや人に説教できる立場じゃないのですが(僕もけっこうな時間、ツーリングシーンの撮影で車外に出ますから)、熊はガソリンの臭いを嗜好します。これから活動期に入るだけに、彼らの生態については知識と対策をもってお出かけすることをおすすめします。林道法定速度なんかより、それに縛られない彼らの足は速いですよ。そして彼等だって藪より道の方が走りやすいので、なかなかどいてくれなかったりします。

見逃してました40000000km

No Comments »

風花さんが「エスクード・マイレッジ」の検算をやってくれてまして、時々起きる、火星を目指すための総走行距離の更新間違いを伝えてくれています。

それで今回も修正の連絡が来たのですが、なんと、8月19日の更新で、総走行距離が40000000キロを突破しておりました。

うわわ・・・見逃してましたよこんな大事なこと。

しかもです。どなたの更新がここを越えさせてくれるか密かに楽しみにしていたのに、よりによってBLUEらすかるの代車として借り受けてきたエスクードで、自らやっちまいましたよ。

なんてこったい、これじや企画として考えていた通過記念のお祝い表彰できないではないか! どうもねえ、先日のBLUEらすかる距離予測クイズの不発といい、チャンスを無駄にしているなあ。

 

つくばーどin妙高高原XV開催中

8 Comments »

杉野沢からの、あるいは小谷からの林道の景色は紅葉が見事なのですが、真夏の木漏れ日と緑も負けず劣らずの美しさがあります。まあそれもこれも天候次第だけどね。

10年遡ってみると、2008年は秋開催で、我が家はTDB4Wで参加していました。BLUEらすかるのエンジン換装が終わらなかったのね。そんな昔になっちゃったか。

まさか10年して今度はTD94Wで来ることになろうとは・・・

 

ことしは我が家、霰が無理して休みを合わせてくれたので全員参加。ん? じゃあ俺、まったく運転しなくても済むかも・・・

イベントの様子はこちら

後日談より

後日談より はコメントを受け付けていません。

マミポコさんが言うことには

先日、久米島のエスク乗りさんがこちらに来て夕飯を一緒に食べた時に

「先日、東北行って60万km超えたエスクードに会ってきたんですよぉ~」
「で、メーターの写真は撮ったの?」
「あ・・・」

なんて、やりとりがあったわけですが、メカニック様に同じような話をした時にも

「オフ会だったん?で、メーターの写真は?」
「あ・・・」

皆様、走行距離に並々ならぬ興味があるのか、ただ私が抜けているだけなのか・・・(きっと後者)
同じ血を引く車に再会できたのがそれだけでうれしくて、抜けていたわけですが、あんだけ一日中助手席に乗ってたんだから、途中で運転させてもらえばよかったんじゃね???と後日思ったのでした。

6月の末ですから、当時のオドメータはまだ半端な数字の羅列だったでしょう。僕だってまるで意識していなかったもの。でも、「東北に行ってきた」という話題と対話のなかに、「メーターは?」とリアクションしていただけているのは、けっこう嬉しいですね。

こっちも今さらなんですが、確かに運転替わってもらったら、かなり楽だったろうなあ。

 

 

館長ガイドで歴史館探訪 和邇さんの手記038

館長ガイドで歴史館探訪 和邇さんの手記038 はコメントを受け付けていません。

夏休みの娘と一緒に、ジムニー歴史館へ行ってまいりました。
パーキングに尾上会長の12が停まっていたので裏へ廻ってみたところ、会長もとい“館長”が片付けをされておりました。で、約一時間、貸切状態ガイド付き(爆)で見学してまいりましたです。

開館からこっち、多数の来館者があったとのこと。会長と会長の奥さま二人での対応には限界があるようで、暇なときボランティアでガイドしてくれとの要請がありました。
娘は旧ジムニーよりも新型に興味が集中しているようで、私が10→30→71→11と順を追って話しているのも上の空。会長と新型シエラで盛り上がってやがりましたよ。

コレクションの中に1300が無かった(サムライはありますが)のは残念でしたが、いずれ状態の良い個体が見つかれば展示に加えるとのこと。それまではパジェロミニで場所塞ぎをしておくらしいです。

肝心のエスクードコンバーチブルは、未だ裏のストックヤードで待機中。
展示したいのはやまやまなれど、施設の名称が“ジムニー” 歴史館なんでどうしたものかと。
すかさず、「30周年ですから記念の特別展開催を!」と打診しておきました。
やってくれなきゃ狭いパーキングスペースを、エスクードで埋め尽くしてやりますよって(笑)
しばらくは会長のご自宅で屋内保管されるようです。

会長はエスクードもAPIOの歴史の重要なファクターだと考えておられるようですが、ジムニープロショップを標榜する現在の経営スタイルでは、パーツ展開していない車種を前に出すわけにもいかないようで。

近々、一階にカフェスペースも設けられるとのこと。ですが、試験的に導入したコーヒーメーカーが、家庭用に毛が生えた程度の代物で、大人数に対処できないそうです。カフェに専従のスタッフを置く余裕がないとのことで、少し先になるやもしれませんが。

 

休館日に館長にガイドをさせることのできる和邇さんて(笑)

やはりエスクードは、会長宅から持ってきたオレンジ色のサムライが抜けたスペースに収まるのね。いや、だったらその方が、しずかーに会長のところを訪ねてエスクード談義ができるというものです。

で、出かけて行ったら「歴史館の切り盛りで忙しいから手伝いに来いや」とか言われるのも必至なんでしょうねえ。

立  秋

立  秋 はコメントを受け付けていません。

早くも立秋なんですが、暑いものは暑いよ・・・

 

ところが東北沖には台風が来ちゃうので、突然気温も気圧も下がってます。

だけどまだ帰還の途

2 Comments »

8月4日、BLUEらすかるは700000キロ台に突入しました。月まで行って帰還の途、まだ地球まで68800キロがその道のりとして残っています。

うーむ、壊れなければ、この距離はやってやれないこともない? と、ようやく思えるようになりました。1カ月あたり4000キロペースに落としても、17カ月と少しあればどうにかなるものね。←すでに感覚がどうかしている。

700000キロは、那須高原の真庭ファームで刻みました。ところが駐車場に入れた時点では微妙に5桁が0になりきらず、こんなところまで動かしており、テラスのお客さんに「なにやってんだあれは?」と凝視されてしまいましたよ。誤解の無いよう言っておきますが、ここは新たに拡張された駐車スペースですからね(もっとも僕は、「牧草地に入れてもいいよ」とお許しを得てはいるのですが)

真庭ファームのチーズケーキ各種は、どれを食ってもほっぺたが落ちる絶品ですが、新しく商品化したというソフトクリームをいただきました。以前はチーズを練り込み風味の独特なソフトクリームでしたが、今度のは(といってもしばらく来ていなかったから、いつ登場したのかは知らないんだよね)搾乳した乳のみで作られているとか。あっさりしていながらコクがあります(こういう表現で合ってる?)

那須高原と言えども今年の夏の暑さはちょっと経験が無いということで、乳牛たちは大丈夫かなあと心配しましたが、真庭さん曰く「うちは夏でも果敢に放牧しているから」と、元気のようです。木陰は確かに風が通って涼しいし。

9月にお店のテラスをお借りして、つくばーどin那須高原Ⅲを開催する予定です。

妙高高原準備中

2 Comments »

なにもできていないうちに8月になっちゃいました。

まあつくばーどの企画も穴だらけだしあちこち刃こぼれしてますので、無理もないわな。おまけに今年は梅雨時の各地の豪雨で小谷から杉野沢に抜けられるかどうかが不安でしたが、妙高市によれば本日から日中の通行は可能になるようです。

とりあえず、妙高高原行きにはとん汁を食いにという目的もありますから、イベント自体の中止はありません。25日、ひとり一泊2食の5000円(中学生以上)で設営しております。