Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

フィガロの昨今 第二楽章

No Comments »

ひとくちに三十年前と言いますが、三十年も経っているんですよ、日産フィガロというクルマは。そりゃね、同じ三十年前のエスクードコンバーチブルを平気な顔で乗り回している奴もいますけど、このコンバーチブルだってエンジンを復調させるまでに二年はかかっています。

案の定、ウエストウインに入庫した個体は、エンジンがかかったりかからなかったりだったそうです。

「基盤が浮いていました。これを直してイグニッションすると、圧縮はきちんと出ているしタービンも健在で、ほっとしましたよ」

島雄司社長にしてみれば、なんてものを引き受けてしまったんだ! という強敵だったようですが、島さんの見立ては確かなもので、塗装の状態ひとつとっても、「この年式でこんなに良いのはなかなか出てこないよ」(専門業者)とのこと。

「床が腐っていたり、メーターが割れているなんていうのは常識らしいです。日産の人間に『よくエンジン直ったねえ』と言われたのにはカチンと来ましたが、まだまだやることは沢山あります」

というわけで、個体を動かすことができるようになったので、幌とシートの張り替えに持ち出せるようになりました。が、今度はその「フィガロの幌修理」が順番待ちで、月末まで待機というから、島さんもなかなか気が休まらないでしょう。

阿耨多羅三藐三菩提 和邇さんの手記062

No Comments »

そんなわけで明日から麻酔でヨガの眠り状態にされちゃうみたいなんですけど、ひとつ気がかりなのは やっぱり のまちゃんの後継車問題。風花新月ご夫妻が次に撰んだ機体のことで、新帝国はザワついております(笑)

情報解禁いつ頃ですか?

 

和邇さんの治療は、一時はどうなるかとも云われていたのですが、実際に自撮りしてきた姿は和邇さんの面影どの辺? くらいに変っているのですが。

なに言ってやんでー。この期に及んで自分じゃなくてひとんちの新しいクルマのこと気にかけててどーすんだ! と、コロナ禍でなかったら病室に襲撃かけてやったのにと思うほどの元気を絞り出しています。

はっはっは・・・新しいクルマの情報解禁は、あーたがまだヨガの眠りのさなかになりますぜ。ヨガの眠りだったら5時間ですが、和邇さんの場合は手術の後72時間くらいとのことなので、ちょうど覚醒したところで風花さんのブログを最初に読むことができるでしょう。

なにはともあれ和邇さんもここまで頑張りました。あとはダイバ・ダッタの魂を宿すばかりです。修行しているのはインドの山奥でも港区台場でもないんですけど。

 

フィガロの昨今 第一楽章

No Comments »

日産によるパイクカーとして1991年に登場したフィガロは、その素体が初代マーチの後期型を使っていながらまるで別の車に仕立てられ、8000台の予定がなんやかやで20000台のオーダーを実現させたとか。プロモーションの域を超えた映画まで作られちゃったという、当然映画館で上映に至ったという、大掛かりな企画だったようです。

知らないですよ、当時のことは。89年からエスクードに乗っているんですから。

そのフィガロを最初に目にしたのは、実車でも映画でもなく、どういうわけかNHKが放送した「アインシュタインロマン」。かの天才科学者の生い立ちから相対性理論に展開する、ドキュメンタリーでした。フィガロはなんと、この理論の仮説媒体として、光の速度を超えたり時空の歪みを垣間見せたりしていました。

この放送がやはり91年4月から。フィガロの販売開始後わずか2か月のことでした。これは覚えていた。

今、国内でどれくらいの個体が現存するのか聞いたことはありませんが、イギリスじゃ3000台は現役だそうで、それらがまた国外販売されてもいなかったのに、そんなにたくさんの愛好家がいる。うーん、わからんでもないです。いま、あっちでだってこういう車は見当たらない。

イギリス産じゃないけど、巨大ロボット映画にまでエキストラ設置されるのは、定着した人気ならではだろうと感じます。

ところで、うちの霙さんがフィガロとの初遭遇をしたのは、彼女が中学生のときだそうで、ざっと10年前。下校途中の街角で見かけて「へー・・・・っ」と目を奪われたと言っています。彼女曰く「叩いたらブリキの音がしそうな古めかしさがすごくよかった」との印象。

そのときから、あの車に乗りたいと思い始めたようですが、なにしろ家庭環境がね、ばかの代名詞のようにエスクード好きな父親に、それは言えないですよねー。

そのような通りそうもない希望を抱きつつ、高校を卒業して大学生になり、運転免許を取るために入校した教習所の社員の一人が、よりにもよってベージュ色のフィガロで通勤していたらしく、教習所の駐車場にぽつんと置いてある個体に、たぶん彼女は天啓を受けたのだと思われます。

通販でミニカー買ってしまうくらいに、微熱は続いていたのですが、とーちゃんは見てみぬふりをしておりました。

 

 

暑中見舞いの候 絵葉書展掲載しました

2 Comments »

おかげさまで不発にならずに済みました。

暑中見舞い葉書展

あれっ? 企画展の方よりこっちの画の方が富士山でてるなあ・・・

危険な二人 ←なんかとっても古い

2 Comments »

「いま曲がっていったでしょ」

唐突にメールが着信したわけですよ。添付の写真にはうちのエスクードが・・・撮られてはおらず(撮れよ)、SSSレイドの課題の場所の攻略証拠写真が。 どうやらぷらすBLUEの何台か後ろを走っていたらしいのです。先日の須賀川と言い、今回と言い、ニアミスするかしないかを楽しむSレイドスピリット炸裂です。

のまちゃんがあと数日で退役となるため、新月さんが毎週末、どこかへ走らせてくれており、SSSレイドの課題の場所がひとつの目標になっているそうです。課題の場所がどこにあるかの検索も、新月さんがやっていらっしゃるとか。

アナログなうえに偏っているため、往時の人気は衰えている中、ありがたいことです。

が、やりすぎだ二人とも(笑) 課題の場所の追加が間に合わねー!

そればかりか、風花さんったら、あとで出題しようと用意しておいた目標まで投稿してくるんだもん(ボツにしましたが)。やむなくこのポストは予定から外すこととなりました。危険ですこの二人、新しいクルマが来たら来たで、慣らし運転でまた攻略に出るだろうしねえ。

フィガロの昨今 ouverture

4 Comments »

「なんぞ?このクルマは!」

という奇異の声とともに、黒山の人だかりと言ったら大袈裟かもしれませんが連日、
常連さんたちが覗きに来ているとか。
そりゃそうですよねえ。
パジェロだランクルだジムニーだのお客さんのものごっつい四駆に混じって、
こんなのが入庫しているのですから。

しかもですよ、島社長が

今期よりクロカン車取り扱い辞めました(笑)

などと言っちゃったものだから、青天の霹靂にもとられているのではないかというほど、

Team WESTWIN Warriors#157がやたらとヒット数伸ばしています。

だけど、四駆でこそありませんが、「ウエストウインの島雄司さんが手を入れる日産フィガロ」って、稀代の名車になるのではではないか?とも思っちゃいます。

迷車・・・という話もありそうですが。

唯一つ言えることは、つくばーど基地で目を丸くして指をくわえてる奴が約1名。

目の毒耳の毒な7月の始まりです。

のまのおいとま

4 Comments »

風花さんがシティターボからノマドに乗り換えた頃、僕はまだ1型のヘリーハンセン・リミテッドを使っていました。うちでノマドを増車するのはそれより後になるのですが、とにかく当時、コンパクトクラスであり使い勝手の良さで言えば、最善の選択がノマドだったのです。だから彼女にはもろ手を挙げてこれを勧め、ロングのエスクードの先駆者になってもらいまして、そのあとヘリーハンセンは、彼女を裏切るようにV6ショートにスイッチされました。

先代らすかるがつぶれてからも、彼女はノマドに乗り続けてくれて、僕が乗り換えたBLUEらすかるで(正確には93年式のGリミテッドで)ロングのエスクードがいかに便利かを、逆にあざ笑われることになるのです。しかし「のまちゃん」下回りの錆と腐食の進行は激しく、29年めの「おいとま」は、来るべくして来たというより、よく今日まで走らせてくれたなあという思いでいっぱい。この嫁入り道具を気に入り、自分のクルマを持たずに過ごしてきた新月さんにも感服です。

この日、天気予報は朝からずっと雨を予告していましたが、台風5号も梅雨前線もつくばーど基地にまでは届かず、薄曇りながら雨には降られずに済みました。霙の「てるてる結界」は健在です。その代わりに「さっき、のまちゃん退役のブログを見ました!」と、何の前触れもなく(電話とメールの着信に気づかなかったんだけど)クロさんが駆けつけてくれて、和邇さんからもメールが入って、しんみりなだけのおいとまにならずに済んでおります。

 

折角だから、お別れの前に。

10 Comments »

折角だから初代三姉妹(姉妹でいいのか?)

アニさまのトコにご挨拶に行った日曜日。
よもやま話で盛り上がった後に
「のまちゃんの写真撮りたいから、ちょっと出ようか」と30分くらい出掛けて戻って来たら、
狙いを定めたかのようなタイミングでクロさんがいらっしゃいました。
「クロさん見てたでしょ?数分前まで誰も居なかったんだよ(笑)」
「え、ホントですか?」
何というミラクル!
車で30分くらいの近場に来ていたので、会えるかなー?と寄って下さったそうです。
まあなんと。
別れを惜しむコメントいただいたり、会いに来ていただいたり。
のまちゃんは果報者ですぅ(涙)

突然ではございますが。

14 Comments »

永らくお世話になりました。

とうとう、のまちゃんとのお別れが決まってしまいました。
来月半ば過ぎに退役させていただく事になります。
28年も、よーく走ってくれました。
(これは偏に新月サンが気にかけてくれたおかげ)
始まりはコソっと集まりに参加させてもらったのまちゃんなので
最後もコッソリ居なくなろうと思っていますが、
アニさまのところへは今度の日曜日お別れのご挨拶しに行ってきます。

夏の絵葉書展やります

No Comments »

昨年、マミポコさんと試しに開いてみた絵葉書展を今年もやってみようと思います。

だっていつまでたってもオフラインイベントできそうなムードじゃねんだもん(だだをこねるな)

細かいことは、固定ページに載せてありますので、ぜひご参加ください。