Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

もう一つの最長不倒距離

No Comments »

2010年9月26日。ツイッターでコミュニケーションを図っていたはまたにさんが、マミポコさんを連れて利根川にやってきました。彼女は沖縄県在住なので陸路だけでは到達できないのですが、この陸路(鹿児島までは海路、ただし国道58号が海の上にある)でぐぐったら約2100キロです。2年後に北海道からかわねこさんがやってくるのだけれど、同じようにグーグルマップ上で距離を出すと約1200キロ。マミポコさんは空路なれど、移動してくる距離は、つくばーど参加者最長不倒距離(しかも僕の仙台在住時には仙台にまで降り立っている)なのです。

この機に合わせて、つくばーどを設営しつつ、狼駄さんともコラボレーションして歓迎野営を仕掛けたのでした。当時いやそれは・・・まだ会ったこともない人ですからいきなり河川敷で焼肉って、ドン引きされたらどうしますよ?」などと心配の声も上がったのですが、準備段階で彼女から「神奈川で鳥を撮って尾瀬ヶ原で草花撮って東京へ戻ってからはまたに夫妻と合流します」というメールをいただいており「あ、これは絶対平気」という確信を持っておりました。

彼女のもう一つ凄いところは、97年に新車購入したエスクードTA01Wを、ほぼ沖縄県内だけの運用で、2020年現在345000km走らせていること。うちのエスクードがなんぼ走っているからと言って、茨城県内だけでこの距離は出せないんじゃないか?。そんな凄さはあっても沖縄ではそうそうエスクード乗りに(この頃は)巡り合えなかったとかで、ずらりと並んでいるエスクードたちを眺めることとなり喜んでいただけた・・・と、思います(たよりねー)

いつの間にか10年経ってしまいましたが、僕自身が赴けなくても沖縄県でつくばーどを開いてくれたり企画を手伝ってくれるありがたい人材となってくれまして、彼女がまたエスクードを三世代乗り継いでいる写真家の湊和雄さんに憧れているという偶然も重なり、かの地では屈強のコンビネーションを実現させるに至っています。彼女のエスクードは近々、車体色リフレッシュのため全塗装を施すとか。もう月まで届かせる意気込みにあふれています。

 

 

行きがけの駄賃で妙高へ

4 Comments »

買い出しトライアルは東御市まで出かけて引き返す予定でしたが、中野市で宿が取れてしまったので、まだ通れるかどうか、試しに杉野沢まで足を伸ばすことにしました。

通ればリーチ。だめでもたちばなのとん汁があるさ。てことで、ひとまず10時に笹ヶ峰にたどり着くと、駐車場は満車。

キャンプと登山とトレッキングの人々で溢れかえるのは仕方がないけれど、平気で路上駐車の行列を作りやがる。路肩に寄せようとも車線の半分近くが使えない。キャンプのマナーだの山の環境だの言ってる人もそんなもんかよ、です。

こんなところには居られんと、ダート区間に移動しますが、昨今のSUVとそうでない自動車の対向車は林道走行速度を知らない。これまた危ない。

でもそんなことリポートしても何の役にも立たないので、崩落復旧を行った場所を点検しながら先へ進みます。沢筋のいくつかが土砂を撤去して復旧し、路面コンディションも良好となっていました。ミレニアムの森周辺は現在も工事中。そこから峠のトンネルまでは倒木も除去されていました。

長野県側は土石流ではなく斜面崩壊だったので、また崩れる可能性があります。

通れたといえば、昨年は台風の襲来直前に通り抜けているので久しぶり、というわけでもないんですが、昨年の台風と大雨では当分ダメだろうと思っていただけに、乙見山のトンネルを越えて走れるのはありがたいことです。なんだかんだ言って生活道路でもあり、突貫の復旧だったと思われます。

笹ヶ峰周辺の混雑地帯に戻るのは厭になっており、このまま小谷村へ下りました。

このようなルートで国道148号へ降りてしまったので、今回はたちばなのとん汁にはありつけず。

え? 糸魚川から上越経由で新井まで戻ればいいのにって? はいはい、それはやりましたが、帰路の時間の都合で素通りせざるを得ませんでした。今思えば道の駅小谷で昼飯を食ってしまったことが、このあと失敗になるのですが、それはまた別の機会に。

 

第14回買い出しトライアル やってます

2 Comments »

やってますなんですが、SNSの時代にオフラインミーティングという構造自体がいろいろな部分や意味で陳腐化してきたと実感します。しかもそのSNSに一切手を出していない自分ですから、不便の二乗なのかもしれません。

まそんなわけで、参加者ゼロでなくてほっとしたですよ。左の写真のゴール地点はこの時点で解禁です。午後3時までに辿り着かねばなりませんけど、どこだかわかるよね?

開催概要は、第1回で行った「峠の釜めし」買い出し(リンクはほぼ全滅で消えてます)と、伏せられているゴールを探し規定時刻までに到着するものです。釜めしの買い出しポイントは、くじ引きで決定します。ポイントは複数地点ありますが、とてつもなく遠いところへ行く外れくじが一本だけあります。

スタート地点は、道の駅玉村宿に、午前8時集合。

というわけで当日の様子はこちら

通りすがりの正義の味方さん(買い出しトライアルは初参加)と新月・風花夫妻のマッチレースで、僕ら夫婦は審判なのだけれどとりあえず彼等とは別の買い出しポイントへ。でもってこの釜めしは当日夜までとっておくことにしたため、道中ランチ難民化する羽目になりました。なんでここでお約束が発動するかな・・・

マッチレースの結果は味方さんの勝利に終わりました。彼はTD54WからTDA4Wに乗り換え、「排気量が上がったことで遠乗りが快適になったけど、燃費が・・・」という感想。もともと多機能満載なRAV4へのスイッチまで乗ろうという選択だそうですが、それ正しい選択なのかどうか。この写真でも、三代目エスクードもまだSUVというより四駆なのだよというイメージを表現したかったのですが。多機能よりも基本性能だよなあ。

 

 

第14回買い出しトライアル やります

No Comments »

急なお話で恐縮ですが、固定ページでお知らせしたとおり、第14回買い出しトライアルを試験的に開催することにしました。内容は、第1回で行った「峠の釜めし」を買い出し、ゴールに時間内にたどり着くだけの簡単なものです。が、どこへ買い出しに出かけるか次第で、簡単でもなくなるのがこのトライアルの罠です。前回、あおいろさんの彼女(現 奥方)が、たった一本しかない外れくじを見事に引き当て盛り上げてくれました。

スタート地点、ゴール地点は前回とは異なります。コロナ禍という風潮もありますので、行事自体で密になる時間は極力短縮し、どこへ買い出しに行くのか、ゴールはどこかという移動の楽しみを引き出したいと思います。コロナ禍対策についてはそれぞれ、充分な準備でご参加ください。

とはいえ開催が来週の日曜なので、「そんな急な話につきあってられるかっ」と、誰も来ないって可能性とも承知の上で、スタート地点に出かけることにします。

 

お元気ですか?の着信

No Comments »

土曜日の仕事で、炎天下の撮影なんて誰が日程決めやがったと、しかも決めやがった本人(営業)が来ない。と、人のことをなんだと思ってんだと憤慨しつつ車に戻ると、上着のポケットに残したままだったスマートフォンに着信がありまして。

こりゃ珍しい!と、かけ直したら、もう十年ぶりくらいになる太くて渋い声。かつて二代目エスクードのヘリーハンセン・リミテッドに乗っていた、あっきぃさんです。

「いやー懐かしいですねー。何か思い立って、夕べ、つくばーどのサイトを閲覧していたんですが、お元気かなあと」

あっきぃさんはその後エスクードをジムニーに乗り換えていますが、それからは五代目セルボにスイッチして、今はワゴンRソリオだとか。まあなんと律儀なことか。ライバルメーカー勢力圏にお住まいながらずーっとスズキ車に乗り続けているそうです。

しばし談笑ののち、世間が落ち着いたら遊びに来てくださいよと電話を終えましたが、なんだろうなあ、ギャラリーの再構築だとか埋もれたところをいじり始めたせいでしょうか。連絡をいただけるのもありがたいし、元気でやっていらっしゃるのが確かめられたのもうれしいことでした。

言うんじゃなかった―(笑)

6 Comments »

Cyber-Kさんや通りすがりの正義の味方さんに背中を押されてしまって、つくばーどのギャラリーを再開させるとしたらのストックを拾い出してみたところ、2019年末までの写真点数が187点ありました。

うへー・・・あなたその作業量もさることながら、いちいちキャプション考えなくちゃならんのよって、もう勘弁してください状態です。

もうほんとに、いずれそのうち、こつこつと少しずつ載っけていくことにします。ただ、かなりの部分が毎年の杉野沢の林道風景で、「なんだこの代わり映えしない展開は」と思われても仕方がないです。あとは日付ですが、ここが一番厄介で、オンタイムな日付を入れたいけれど、既に2012年8月のものを掲載日として2013年1月って打ち込んでしまっているのが仇になってます。

2012年の残り分と13年の分は2013年の日付で切り抜けさせていただくしかありませんからご容赦ください。

今年の分は・・・まさしくコロナ禍で何もないです。

いずれそのうち(ちょっとあやしい・・・いやかなりあやしい)

4 Comments »

個人の画像ならここで充分

「つくばーどサイトのエスクードギャラリーは再開しないのですか」

先日、痛く刺さる問い合わせメールをいただきました。

ギャラリーは2013年初頭で止まったまま、もう長いこと更新していません。当初は後発サイトとしての生命線というか、唯一の特徴だったのですが、今やInstagramをはじめとするSNSが台頭し、誰でもエスクードのギャラリーを構築できるとなると、もはやうちの役目は終了です。といって、自分のエスクードばかり連続して載せたって、ばかみたいだし。

掲載のためのストックが無いわけでもないので、いずれそのうち、再開できるかもしれませんが、それもこれも需要次第でしょう。自分のエスクードだけの話でしたら、このブログのヘッダーが、クリックするごとにランダムに入れ替わる。最近結構な数の画像を入力したので、真新しいヘッダーも見られると思います。

一方ギャラリーの方に立ち返ると、放置するのももったいないかなあという気持ちもありますので、ほんとに、いずれそのうち・・・

これ企画します

2 Comments »

その昔各社からリリースされた様々なサイズのエスクードのミニカーを、いかにもそれっぽく撮影して展覧会にする。

という企画を立てます。

エスクードやビターラならば初代から現行モデルまで世代は問いませんし、プラモデルでも可です。所有していない人には済みませんな企画でごめんなさいです。

9月いっぱい、エントリーを受け付け、10月につくばーどサイトでウェブ展覧会を設営します。簡単なコメントと共に写真をお送りください。屋外に持ち出してもよし、室内にホリゾントやジオラマを作っても良し(いやさすがにラジオラマはないか)。画像ファイルのサイズは横フレーム固定・横660ピクセルで天地はトリミングしてもかまいません。ミニカーのスケール感を払しょくし、実際の車体サイズに見せるところがポイントになると思われます。

送り先は雷蔵まで。果敢な参加をお待ちしております。

 

でもって注意事項です

 

この時期、屋外撮影はミニカーのタイヤを地表の熱などで溶かしてしまう恐れがあります。炎天下の撮影は熱中症の危険もありますので、対コロナ装備も必要ですが、暑さと熱には十分お気を付けください。

また、ローアングル撮影は効果的ですが、地表は輻射熱も手伝い50℃以上に熱くなっており、ミニカー以上に自分自身がやけどを負います。寝そべって撮るのはリスクを伴い、周囲から奇異の視線も受けますのでご注意を。

五代目セルボ

No Comments »

記録を見ると2009年の秋に、エスクードの修理入庫か車検だったかでこの世代のセルボを借り受けたことがありました。そのときにも「セルボってそんなに代替わりしていたんだ」と思いましたが、妹が乗っていた四代目(1990~1998)から五代目(2006~2011)への合間がずいぶん長く、その時期はセルボのブランドが絶えていたから、僕の方が代替わりについて勘違いしていたようです。で、セルボは今のところ五代目で休眠中。いずれまた六代目が現れるかもしれません。

エスクードからセルボへのスイッチは、狼駄さんは二度目の試み。以前はコンバーチブルからだったのでさほどの違和感はなかったでしょうけれど、三代目エスクードのサイズからこれは勇気が要ったのではないか。

「最後のK6Aエンジンなんですけど、直噴でターボでCVTって、国産車初だったみたいですよ」

普段通りの旧盆ですが七回忌だったお袋に線香をあげてくれるために、ありがたくもわざわざ暑い中を来てくれた狼駄さんでしたが、五代目セルボはスポーツモードで走ると往時のコンバーチブルに似た雰囲気だとか。そりゃエスクードを褒めすぎじゃないかとも思いますが、三代目エスクードのあとのコンパクトで軽い車体は、そんな気分にさせてくれるのでしょう。元気な様子を見られてこちらも安心しました。

でも暑いのってこれからだよね

でも暑いのってこれからだよね はコメントを受け付けていません

 

 

暦と実際の季節はどうにも摺合せしにくいです

 

でもってウェブの方は三人展に拡充

 

さらに「生兵法は怪我の元」にsuuuさんが参戦