Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

5年(4年)の月日が経ちました

No Comments »

5年前のつくばーどin妙高高原の解散後、連泊したのち我が家は糸魚川市のフォッサマグナミュージアムを見学して、市内の蕎麦屋で遅い昼食をとりました。その翌年、糸魚川市はあの大火に見舞われ、広範囲の市街地が焼失してしまったのです。

この写真が当時のその蕎麦屋の風景、隣の造り酒屋も有名な老舗でした。

5年後、どうしても糸魚川の様子が気になって、先日の妙高小谷線縦走の後、糸魚川の街へ降りてみたところ、あちこちの建物が復旧して、街並みは整然とした風景に戻っていました。老舗であった蕎麦屋はその年月をかなぐり捨て、21世紀的な、しゃれた店舗へと生まれ変わっていました。いくつかの店舗は別の店舗に変わったり、移転していましたが、東日本大震災の被災経験者としては、それもまた月日だなと感じつつ、復興を喜ばずにはいられませんでした。

ところがですよ。この2時間ほど前に小谷で昼飯を食ってしまい、お腹いっぱい状態(なにしろ運転しているだけなので簡単に腹は減らない)。蕎麦屋は営業中だったのに、ちょっと立ち寄りは不可能だなあと、佇まいだけ拝見して帰路につかざるを得ませんでした。当然、このあと能生から北陸道に乗って上信道へ走りましたが腹はこなれず、飯山から塩沢を目指す移動距離と時間の関係で、たちばなにも寄ることなく走り続けることとなりました。

追記。泉家の店主さんが、同店のウェブサイトにブログを綴っているのを知り、2018年3月にこの店舗が再び開店したことを拝読しました。

世代を跨いだ

No Comments »

少し前のことですが、暑さしのぎに霙と出かけて、彼女の最近のお気に入り喫茶店に連れて行ってもらいました。

そしたらそこって、以前は僕が通っていたレストランでした。何年か前に閉店したお店でしたが、オーナーが変わって昨年開店したとのことで、店内はほとんどそのまま利用されていたのがちょっとうれしい風景でした。

変ったことと言えば、車いすでも店内に入れるようにスロープが新設されていたことか。水戸ホーリーホックの応援サイトにもなったらしく、試合は中継で観戦できるそうです。

それにしても中身が変わりながらも同じ店をお気に入りにするとは、わが娘ながらやるじゃねーか(笑)。

新米の調達

No Comments »

玄米を調達に、つくば市の家内の実家筋にお邪魔しまして、世にいう筑波米を購入。長雨の今シーズンは出来が心配されたそうですが、品質は上々の初収穫になったそうです。

これを必要量精米して、食卓等に出していくのですが、暑気払いイベントも無く天狗の森泊まりも無く、こんなに必要なかったかも。

野菜と宿題の8月31日

No Comments »

「もっと野菜を食え」という趣旨で、語呂合わせに持ち込んだのが日本人の発想。一方で「8月31日といったら夏休みの宿題で必死になった思い出が」などと持ち出し、もとは「全ての子供たちに教育の機会を提供するのだ」と言っている英国人団体のキャンペーンに乗っかったのも日本人の感性。そこまで言うなら国民の祝日にしてみやがれ!と・・・誰に言えばいいのかわからない、「野菜の日」は知ってたけど「宿題の日」って・・・なんかこう、ひでー・・・

おまけに今年は夏休み短縮されてもう授業始まってますがな。

空には筑波 白い雲

No Comments »

野にはみどりをうつす水・・・

と、この景色が目に入ってきた後、歌詞を三番まできっちり歌えてしまったところに、我ながらすげーなあと子供の頃の刷り込み教育を身に沁みました。茨城県民の歌は詞と曲の双方を公募によって産み出すこととなったものだそうですが、作詞した人も21世紀になると「筑波」より「つくば」がポピュラーになるなんて思わなかったことでしょう。

まそれはさておき、積乱雲の規模に比べたら、筑波山もちっさいわ。80年代にライアル・ワトソンだとかジム・ラヴロックだとかにかぶれて地球=ガイアなんていう仮説に基づく生命圏と循環系である大気の博物学をずいぶん読みふけったのですが、極地豪雨やら異常なまでの酷暑やら、温暖化の影響は季節も環境も狂わせてしまったかのよう。

それでも、いかにも夏らしい残暑。

この局面でうがい薬

No Comments »

話せば長いんですが手短にまとめると先日早朝の首都高上で突然、口の中全体に「異様な苦み」を感じ始めてこれがどんどん広がっていく。

なにこれなにこれなにこれっ?

まさかの感染症状にこういうのもあるのか?とビビりながら出社し、これはひょっとして以前治療した歯のどこかから何か流出(するのかどうか知りませんが)?

するとだんだん、奥歯の横の歯茎がざらついて鈍痛を放ち始め、下で触ると明らかに炎症が起きている。ええっ、昨日までなんともなかったのに?

もう診てもらうしかないと、夕方、かかりつけの歯科医に行ったら、

「雷蔵さん、これよく我慢してましたね。たぶん歯茎の炎症が化膿して破裂して、そのせいで口内全体が苦くなったんですよ」

すすす・・・すいません。破裂、までの自覚症状がほとんどなかった。

「それじゃあ化膿止めと消毒用にうがい薬出しときますね」

う・・・うがい薬ですか?

「歯の治療で抜歯した時なんか、処方します。効果的です」

なんか、どこかの知事が言っていた話よりも信憑性あるなあ。

山の日っ・・・昨日だったって⁉

No Comments »

なんと不遇な! だって去年は日曜日と重なって、振り替え休日で12日に祝日があてがわれたけど、それあくまで「山の日の振り替え」で山の日じゃない。でもってことしはオリンピック閉会式予定だった10日に前倒しされて、その閉会式が行われない。しかも新型コロナウイルス問題で富士山なんか登山できない。さらに来年もオリンピックスケジュールに翻弄され、ついでにその閉会式予定がまたも日曜日で翌日に「振替させられる」という・・・

さらに言えば、来年の山の日の移動指定日は当初は8月9日とされていたものが、「いやーその日は長崎の原爆被災の日だし」と蹴飛ばされて8日の日曜日に追いやられ、でも結局翌日に「振替させられる」予定・・・

もっと言うと、8月11日という日付に関して、山の日である根拠は何一つない。それでも山の日は国民の祝日。だけどいじり倒されて昨日でした。なんなんだこの薄い影印象・・・

八月九日、だからといって特に関係ありません

No Comments »

知人から「ふるーいロボット要る?」と声をかけられて引き取ってきたのは「ハック」です。物自体はそれほど古くなくきれいな状態ですが、ハックといったらウルトラQ、ウルトラマンに続くTBSのウルトラシリーズ第三弾となった「キャプテンウルトラ」の主要キャスト。たしかに「ふるーいロボット」です。ウルトラと言っても円谷プロではなく東映の制作なので、言ってみれば「がんばれロボコン」の先祖というところ。だけどハックの時代は二十一世紀後半と言われているので、ロボコンの方が祖先になってしまう解釈もできます。

しかしさすがにこの番組放送時代のロボットの性能設定はよく覚えていません。宇宙パトロール艇シュピーゲル三号機の選任パイロットで、右腕がロケット砲に換装でき、宇宙のかなりたくさんの異生物の言語を翻訳できる程度のことしか思い出せず、あとは決め台詞の「ほんにょごにょ~ん」くらいか。ってことで調べ物をしたら、動力はよくわからないままで、最大出力が「五百馬力」説と「五百万馬力」説が見つかりました。

正しい設定ってどっちだ? ロボコンは通常百馬力でフルパワーを出すと三百馬力。ハックの五百万馬力説は、たった一体でレッドバロン五体分というすさまじさになってしまうのですが。それにしてもハックというネーミングはなんとなく時代を先取りしていたような気がします。おそらくはぶった切るとか叩き切るという直接的な意味ではなく、切り拓いて進むという開拓のイメージと宇宙開発を掛け合わせたのだろうと考えれば、ですけど。

でも暑いのってこれからだよね

でも暑いのってこれからだよね はコメントを受け付けていません

 

 

暦と実際の季節はどうにも摺合せしにくいです

 

でもってウェブの方は三人展に拡充

 

さらに「生兵法は怪我の元」にsuuuさんが参戦

みたびやっちまいましたよ

2 Comments »

守谷サービスエリアに立ち寄ったら、なんか面妖なものが売られているのを見て、いったいこれはなんだ? とガン見していて、

「ぁ゛・・・」

賢明な皆様はもうお分かりのことと思いますが、

ああっ、俺はたぶん疲れているんだ。人並みに十二指腸に潰瘍だったり胃にポリープだったりのストレスも蓄積してたし。まさか「スタミナまうんてんな重」やら「謎のモリカタヌキ」の轍をまたしても踏むとは!

空知舎の方々、大変申し訳ありませんでした。お詫びに買って帰りました。いくらなんでも、だしを取るのに猫なんか踏まないよねえ。