Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

大集合。

1 Comment »

久しぶりだー。

子供が大学のオープンスクールで上京するという友達と久しぶりに会いました。10年位前までは泊まりで出かけてたのになぁ。子供が学校に上がると何やかんやと都合が合わなくなるモンなのね。
で、一緒に出掛けてた他の家族2組も合流。
他家のお嬢ちゃんも久しぶりに会ったら〝おねいさん〟になってた(笑)

昔話に花が咲いて、上京した友達の息子ちゃんはちょっと面食らってたけど。
本人が小さかった頃しか会ってないから記憶はほぼほぼ無いみたい。
でもおっちゃんやおばちゃんから、自分の知らない親の昔話なんか聞けて、なかなか新鮮だったようですわ。

旨し♪

おろかなる者は思ふ事おほし

No Comments »

再び10年前のことです。

重ねて言いますが、まだ東北在住の頃ではありません。仕事で理不尽なトラブルを被り、善後策に追われて頭に来ていた僕は、事を片付けた後湾岸の街から帰宅し、晩飯を食って風呂に入って仮眠をして、午前零時に基地を出発しました。

 

これがそのときの記録

リポートにもあるように、つくばーど基地からだったら、浜松からみちのく荒行をやっていたSIDEKICKさんの走行距離にはとても及ばないのですが、彼のうらやましいところは車中泊であれ時間をかけてツーリングしていること。僕は24時間以内に何食わぬ顔をして基地に帰宅して風呂に入って寝る、という縛りをかけていたので、それができなかったら~別にできなくたってどうってことは無いんですが~理不尽に対する発散もできない、まったくもって愚かな発想の出発だったのです。

当時から、東北のいろいろなルートを一巡りすると、行程はおおむね1500キロ。それを一人で運転するというのは、何度もやってはいますが、それらはやはり宿泊を伴う旅。ただひたすら走って来るなんて、まともに景色も見られないだろうし消耗と回復のタイミングだってどうなるかわからない。だから、とても勧められたものじゃないのですが、でも奨めずにはいられないのも愚かな性根なのです。

まさかその後8年間、東北の道ばかり走らされることになろうとは夢にも思わなかったし、この頃の東北地方は旅に出るところという理想の地でしたから、理不尽に抗う憤怒とはまた別に、勢いもはやる思いも強かったのです。まあこんなバカみたいなツーリングはもうできないです。それだけにね、誰にとは言わないけれど、「やってみ? 面白いから」と言いたくてしょうがない。

10年経つんですが、愚かなところは改善されていません。

 

海の日2019

2 Comments »

昔は7月20日と固定されていた海の日も今では第三月曜日に指定されているので、ことしは7月15日。

月曜日に休めるというのはちょっとありがたいですが、まあだからといって海装備で海岸へ出かけることはなさそうです。

というわけでエスクード乗りには珍しくも懐かしい(かどうかはわかりませんが)のをひとつ。

アニメーター、菊地通隆さんの描いたTA01R。菊地さんと言えば別のところではカレラだとかカウンタックだとかに寄り添う美女を(別のところで、ですよ)描いていますが、最も原点に近いところで扱っていたのはエスクードでした。89年式のヘリーハンセン・リミテッドを同年発行のサイバーコミックで出しているところが、超音戦士並みの速さです。が、たぶんメインに描いたのは引っ張ってきた水上バイクの方でしょうね(笑)

つくばーどin日光大室02

6 Comments »

天然氷で作られたかき氷だと「きーん」とは来ないというお話ですが、早食いしたらどうなのか?

という実証実験も含めて(やるのかよ)、春に予告した日光大室のつくばーどを開催です。

とりあえず前振り。ミーティングの様子はこちら

言った手前、「きーん」と来るか否かの実証をしたところ、AMGさんは「来ないねー」と言うわけですが僕は・・・

キターーーー

まるでお約束のような期待を裏切らないオチです。いかに天然氷を綿細工のようにきめ細かく削ろうとも、もたもた食ってりゃ下の方は自重と冷却で固まっていくのですよ。

それはもう普通のかき氷。

所定の成果は出たということで、正午をスタート時刻として第19回Bレイドに移行します。全員が琴路を出発した後、2番目のCPへ先回りしようと移動中、なぜかバックミラーに一番先に出たはずのSIDEKICKさんが見え隠れする。追い越させようと路肩に寄せたら忽然と消えている。不思議に思って先へ進み、2つ先の交差点で信号待ちしていると、彼のエスクードが右手から現れ右折していく。さらに最初のCPを飛ばして先回りしているはずなのに、CPにたどり着くと、彼どころかクロさんまで到着している。

どうも彼らはカーナビゲーションではなくグーグルマップでルート設定しているらしい。クロさん曰く「けもの道ショートカットをたくさん案内されましたから」(そりゃ追いつけないわ)

しかも、前回の買い出しトライアルに続いてまたもやCP問題としていたパンが売切れ! 栃木県の人、どんだけパン好きなのだ? てことでこのCPは得点の一部を均等に配する救済措置を発動です。

いずれにしても、のんびり走っているとゴール到着がびりになってしまうので、こちらもけもの道山越えしてゴール地点にて待機。レイドの後半は雨も上がっていました。それにしても出走者が少ないだけ全員の移動も速く、CPを減らしたことが裏目に出た感があります。

かくしてクロさんコーディネートの栃木県での2回目は、滞りなくお開きとなっております。あっ、Bレイドの優勝はAMGさんでした。

さして悪いことではないと・・・

No Comments »

ジープに対してシエラを「ジムニー大きくなりました」と、二階堂さんは言っておりますが。

だって、エスクードのコンバーチブルと比べたってホイルベース長いし、全高、全幅とともにリアトレッド広いし、室内寸の長さも幅も上だし、今さら何言ってんですかな話ですわ。いーじゃんよ、それくらいのサイズアップなら。というより、いかに最初のエスクードがコミュータークラスとして優れていたか、ということなのです。

ちょっと早かったかな?

1 Comment »

まず味見の一株。

「大丈夫かな?まだ早いかな?」
と、新月サンが待ち切れず引っこ抜いた枝豆。
莢がよく膨らんだ株を選んだそうですが、まだ膨らみ切ってないのも何個か(ま、仕方ない)

最近はまっている〝焼く〟という手段で。
(今シーズンは何故か〝焼きそら豆〟が気に入って、何度か購入したそら豆すべてグリルで焼きました)
「そら豆が旨いんだから、枝豆もいけるんぢゃね?」
という主張の下グリルに突っ込んだという・・・

今週・来週辺りで食い尽くすかな(笑)

それほどに天邪鬼な選択なのか?

No Comments »

延期となっていた海洋堂の「miniQ デフォルメ軽自動車コレクション【ハスラー編】」てのが過日リリースされましたが・・・

車体色としては、またも和爾さんちのもうちのもラインナップされねーっ

一か月遅いわ。

2 Comments »

労働ちう。

なんやらかんやらで時間がとれず、7月になってしまいました。
いつもなら6月初め辺りの週末にやってる刈り込み。

冬の間の降雨の少なさからか、何株か立ち枯れてしまったサツキ・・・
真夏はダメでしょうから、涼しくなったら植え替えねば。

大暑来れる前なればなり

No Comments »

小暑は過ぎたので、ぼちぼち梅雨明けに向かってほしいところです。

恋瀬川を遡っていくと、左岸に天の川が流れ込んでくる。恋瀬川とか天の川とか、またなんとも風情のある名前を付けたものです(ただし、諸説ありますが恋瀬というのは単に当て字に過ぎないそうです)。でもどちらを遡上しても彼方の筑波山にはたどり着けないのですが、天の川よりさらに上流で合流している川又川を進めば、なんとか筑波山の山体にに最も近いところまで行くことができます。

梅雨が明けてくると、蟋蟀居壁などと言われコオロギの類が壁際で鳴き始めるということですが、つくばーど基地では例年、7月2日あたりにヒグラシが鳴き(しかしヒグラシは秋の季語)、これを機に梅雨明けの様相となります。今年は10日夕方にようやく鳴きました。

昨年は6月の末に明けていましたが、この7月はもう少し梅雨が踏みとどまるらしいです。

風情だけなら良いのですが、災害頻度の高まる気候変動はどうにかならんものかと思わされます。稜線の向こうに積乱雲という景色は、かっこいいんですけどね。

 

 

ピーマンの行く末。

2 Comments »

ぷりっ☆

初めて採れたピーマン。
どうやって食べたら美味しいかなぁ・・・と考えて、肉詰めにしました。
一緒に収穫されたキュウリは、また味噌マヨで。

肉詰めの煮びたしにしようか、焼いてハンバーグみたいにソースかけようか、悩んだ結果後者に。

るん♪