Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

この人なら後日譚の切り口に

2 Comments »

1968年9月13日。世界最小の国連加盟国において、ひとつの婚礼が盗賊一味の襲撃を受け破綻を来し、同時にその小国の悪事も暴かれてしまった事件からちょうど半世紀。

さすがにアルセーヌルパンの孫の孫・・・を臆面もなく登用するわけにはいかないでしょうけれど、銭形警部だったら娘さんもいたことだし、その後、孫だって生まれて育っているでしょう。

婚礼が破綻して摂政伯爵の陰謀から救い出された公爵令嬢は、その後一度だったか、ソノシート収録のドラマで当時に思いをはせていたことがありますが、彼女とて公人という立場からは逃れられないでしょうから、恋してしまった盗賊への想いを秘めながらも国を守るため婿を迎えたはず(って書くとファンからぶっとばされるんだろうな。きっと)

もっとぶっとばされそうなことを言えば、その彼女が公国の大公として健在ならば、御年・・・です。こちらにだってお孫さんくらいいるでしょう。そこはもう一方的に警部の孫は男の子で、こちらの孫は女の子でなくてはなりません。逆でも構いはしませんけど、僕は逆パターンはイメージしていません。警部の孫は、彼のじいちゃんから、それこそ幼いころから好敵手の盗賊の話とともに、麗しの青い瞳の令嬢の話をいやというほど聞かされているから、それは男の子でないと面白くない(この展開を入れておかないと、警部の孫と令嬢の孫が出逢っても印象が薄い)

さて、緑豊かな森と湖と城跡の国で、どうにかして2人が邂逅する。すると何が起こるのか?

そこまで考えてませんよ。どなたかプロット書いてくださいよ。

夏の名残。

2 Comments »

でもまだまだ花は咲く。

ま、そろそろお彼岸ですし。
っていうか。いきなり涼しいんですけどっ!
夏の間ほぼタオルケットを薙ぎ払って寝てた私も
流石に昨夜は木乃伊の様に包まって寝ましたわ。
(新月サンはタオルケット+ガーゼケットで大分前から木乃伊)

こんな急に涼しくなると婆にゃが心配であるぅぅぅ。

行楽シーズンの前に

2 Comments »

ことしは台風の方が当たり年なので、崩落や倒木への注意の方が、林道や山岳ツーリングには重要と思われますが、多くの場合は通行不可能ですから、これは毅然と引き返すことで安全を確保できます。

先日の台風21号の豪雨によって現在、妙高小谷線も落石・倒木で通行止めになっています。いやはや読みが当たったというか、良いときに走って来られたものです。

通行障害が無く、走行が認められているルートという前提で、昼夜を問わず対向車や歩行者への注意を払うことは基本中の基本となります。それと同時に、思わず遭遇してしまう野生動物への注意も必要です。震災以降、東北では鹿よりもイノシシとの遭遇例が多くなりました。どちらがぶつかってきても、そこそこ車のダメージは出ます。動物愛護の観点、はいささかピントがずれますが、まあぶつからないに越したことはないので、林道での走行速度は法定時速20キロ以下という安全対策をとるが吉です。

もう一つ危険なのは、車外に出て写真を撮っている時間。いや人に説教できる立場じゃないのですが(僕もけっこうな時間、ツーリングシーンの撮影で車外に出ますから)、熊はガソリンの臭いを嗜好します。これから活動期に入るだけに、彼らの生態については知識と対策をもってお出かけすることをおすすめします。林道法定速度なんかより、それに縛られない彼らの足は速いですよ。そして彼等だって藪より道の方が走りやすいので、なかなかどいてくれなかったりします。

なんだかなー。

2 Comments »

どちらも中身は紙一枚。

まあ他所サマの経費ですから、とやかく言う事でもないのだけど。

片や郵便書簡(62円)
片や定形外郵便(120円)
中身はどちらも納品書が1枚。
定形外郵便を仮に月1万通出したとしても割引率は20%なのでねぇ。
無駄じゃないかと思うのだけど・・・

幻想との再会

No Comments »

あえて「石森」章太郎さんと書きますが、生誕80年を迎えるとかで、自伝的萬画集が出版されていました。この人の作品との出会いは、叔父貴が読んでいた雑誌をもらって「サイボーグ009」連載のリアルタイムだったけれど、ずっとあとになってから自ら買い求めた少年ジャンプに載っていた「蒼いマン華鏡」という読みきりは、009のようなSFものではない、ファンタジックなストーリーとの邂逅でした。この単行本の表紙絵(オリジナルはモノクロ)が、その掲載内の見開きページに使われていました。

そのストーリーは、東京から仙台までサイン会か何かに招かれた石森さんが、当時運航されていた特急あおばの車内で体験した、自分自身の過去の記憶のリピートという自伝でもあり幻想ドラマでもある不思議な時間。この頃僕は009だけでなくミュータント・ザブだとか仮面ライダーの連載も(佐武と市捕物控は、ジャンルが異なるので棚上げしとく)知っていたので、この「蒼いマン華鏡」や「ジュン」などの作風には、ヒーローものにはない大人の時空を突きつけられた思いがありました。

そりゃ小学生ですからね。びっくりするわけです。しかも引き込まれてしまう。そんな作品だったのですが、まさかね、あれから45年も経って、再会するとは思わなかった。これが以前、どこか何かでの掲載を経ていたかどうかは知らないので、まさしく再会なのです。でもって、そんなに昔のことだったのに、同じ場面でジーンとくるという・・・

しかしこの本、全体で言うと玉石混合です。初めて読むものも、他に昔読んだものもあるんですが、その1作品だけが際立っていました。

いち君チェック。

3 Comments »

わーい。タコ唐揚げだ♥

新月サンがコンペで色々掻っ攫って帰ってきました。
写真撮ろうと並べていたら、チェック魔登場。
丹念にクンクンしてるけど、キミが食える物はないよー(笑)

これの他に大層立派な花かごが一つ。
観葉植物が2種類と鉢花が3種類。
4つは名前判ったけど、1つだけ不明。
見たことはあるんだけどなぁ・・・
全く思い出せない。

そして置く場所が無い・・・

齢五十五のとかいなか

No Comments »

都心の一極集中がその頃から懸念されていたのかどうか今となっては知る由もありませんが、1963年9月10日、国において筑波研究学園都市建設が閣議了解され、55年が経ちました。東京教育大学をはじめ都内にあった各省庁の研究機関をごっそり、筑波・・・といっても現在のつくば市合併の構成町村に旧筑波町が入っていただけで、あんなところ筑波山麓とは言えない距離・・・だったものが、今や筑波山頂域の半分くらいはつくば市・・・に移転させ、研究員たちも職住近接させてしまうという国策でした。

なんかこう、東京オリンピックによる近代化効果と高度経済成長の尻馬に乗っけたんじゃないかとも思えますが、どかした研究所施設の跡地にまた街を作ってきたから、この半世紀で23区の過密化が是正されたとは全然言えない年月が過ぎ、結局は一極集中には歯止めがかかっていない責任を誰もとる必要が無い。

都心と研究学園都市を結ぶつくばエクスプレスも、当初は常磐線の通勤時におけるすし詰め超混雑を解消するための通勤新線として、このあとの運輸政策審議会が了承したものなのですが、その是正区間は上野と取手のラッシュ対策として、秋葉原と守谷間で始動した事業でしたが、鉄道建設費を捻出したり需要を作らねばということで、ただでさえ広大な田畑と雑木林と湿原を開拓した研究学園都市を取り巻くように新たな宅地開発をやってしまうというプロジェクトに変貌していきました。

でも、住んでるところ、働くところをどんなふうに使いこなすかの方がずっと大事なことで、つくばの人々はこの半世紀、健気にそれを押し進めてきたといえるでしょう。でもでも、55年です。東京郊外にかつて造られたニュータウンがことごとくオールド化し高齢社会の波にのまれていくのと同じことが、避けられない時代。つくばにおいては当初から多世代居住というコントロールを施してはいるものの、あそこで遊んでいた僕の後輩たちさえもう五十路に突入しているのだから、安穏ともしていられないでしょう。

それにしても80年代、バイオテクノロジーとか超伝導とかロボットとかで第一線の街だったとはいえ、それらの研究機関だっていいかげんボロになっているんだろうし、次世代へのブレイクスルーに対応できるのかなあ。水素燃料や水素ベースの電力生成に主眼を置く産総研などは橋頭堡を福島県に持ってきているし、岩手県には新規の粒子加速器を誘致する運動が(あまり盛んではないけど)あるし、小惑星探査はもっぱら相模原だし。そのうちつくばの研究機関の民間卸しなんてことが始まらなければいいのだけれど。

Resemble / Besides

No Comments »

最近うわさの、あまりにもエキセントリックな悪役なのかさらにその裏があるのかよーわからんが、わからんだけに人気者になってしまったアイゼンテック社長こと愛染マコトさん(中央)・変じてウルトラマンオーブダークノワーブラックルシュバルツ(長い)

こと「ウルトラマンルーブ」の第八話ではメタ発言の連発で、おっさん世代がルーブに対して感じていた(であろう)ことをまさかのドラマ内で全部言っちゃうすさまじさです。

 

で、ウルトラマンルーブが始まってからずーっと、この人どこかで見てたことあるんだよなあと、中身である深水元基さんのキャリアを検索したらば「京都人の密かな愉しみ」にて、主役だった常盤貴子さんの腹違いの弟にして老舗和菓子屋の跡取り候補でありながら、跡継ぎを避け弁護士やめちゃって出家してしまう青年(左)を、物静かな役どころで演じていたのでした。

似ているというより同一人物なんですが、その上さらに・・・

人格破綻したのかというほど今度の役は別人っ

そして思い出した。深水さんてば一昨年の「真田丸」で強面でヤンキーな福島正則(右)を演じていましたよ。「雲水」+「猛将」→「変な社長」という属性が、ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツの正体だったのか・・・

あらためて2.7XS

No Comments »

ぼちぼち借り受けて3週間になる3代目の初期型XS。当初はやっぱり「重いなー」と感じていたレスポンスとやらにも慣れて、2速の無い5ATの加減速と特にエンジンブレーキのパターンもつかめました。

V6の2700は、奇しくも2代目のグランドエスクードと基本的にはほぼ一緒のエンジン。これくらい車が重いが故にフルタイム四駆なのか、前輪も常時駆動のために重いのか。とか言いながら踏み込むと「前から引っ張られる」感覚がちょっとあったり。

しかし慣れてくると思いのほか路地裏にも入っていけるし、どうにかこうにかリッター10キロは走らせられるし、この押し出し感のあるサイズですから質実剛健な感じもありで、ユーザーには好まれたのだなあとも思えます。

その分、4代目を「これぞ求めていたSUV」と愛でる人々には、びっくりするような重厚さと前時代さが際立つのかもしれません。事実、4代目でアクセルを同じように踏んづけたら、かなりすごいことになります(やったんかい)

まあね、北米市場を狙ってのことでしたから、3代目はこうなったしDセグメントが届くところまでフルラインへの道を歩んでいた時代ですから、13年前にありったけの技術を放り込んだという意味でも、秀作だと言えるでしょう。

何度も引用している「すべてを一新」した3代目は、エスクードというブランド維持のためには、結果的に一代限りのモデルとして、一新したものの多くを捨てざるを得なかった。そういう宿命を背負っているんだなあと感じながら使わせてもらっています。

ティガの遺跡  っぽい

No Comments »

ウルトラマンティガは東北地方の山奥に秘匿された光のピラミッドの中に封印され三千万年眠り続けていた巨人でした。

光のピラミッドはそれほど永い年月、人目につかなかったのかというと、宇宙から警告と予言をメッセージするタイムカプセルを解析したGUTSのデータベースには、遺跡か何かは説明されなかったもののティガという地名はちゃんと登録されていました。

そのためある程度近くまで調査範囲を絞り込めています。現地調査に赴いた面々は、しかしこれを上空からは発見できていないようで、地上探査で目視確認するに至ります。この頃、秋田県北部に怪獣が出現、北北東を目指して移動しているニュースが流れており、この怪獣はやがて光のピラミッドに到達しこれを破壊し始めます。ということは、ティガの遺跡は白神山地から十和田にかけてか、白神山地の青森県側の山岳地帯にあったと推測されるのですが、定かではありません。

ティガの遺跡には三体の巨人が眠っていたのですが、それが彼らのすべてではないということも、後々彼らが滅び?地球を離れるいきさつが語られるので、ひょっとすると東北にはまだ、光の巨人が封印された遺跡があるのかもしれません。

こういう風景を見てしまうと、そういう妄想を掻き立てられます。そんなわけで、9月7日はウルトラマンティガ放送開始の日。