Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

ずっとそこにある

No Comments »

日清食品関東工場の前を通過するのは何年ぶりのことか。近くに母方のお墓があることはあるのですが、そこさえも疎遠になって久しいので、利根川から取手経由で北上し国道6号を使うことは少なくなっていました。工場自体は70年代から操業しており、あの煙突?は80年代から湯気を吹き出し続けていて、昔はあれ1個で207000食分に相当する容量と言われていたのです。2006年にはうちのサイトでも取り上げていました。「羅須軽党怒る」がそれ(スケール感は無視)

この容器型煙突、3年ほど前に再びというか何度目というかのプチブームになっていたそうで、その際の媒体はTwitterだったようです。当然ネットニュースの素材にもなって、実寸から容量を計算した人もいました。そしたら、173000個分だと。ええっ、うちのサイトの以前のブログ記事は消滅してリンク切れしているんですが、207000という数字は当時の日清のサイトから引用したのに? 34000は誤差大きすぎだったよなあ。

Leave a Reply