Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

Team WESTWIN Warriors#144

2 Comments »

TDA第一戦、リミテッドクラスに出場した梅津知広選手のJADE-Ⅲは、後部キャノピーを撤去した軽量化策。様になっています。が、レースはそうそう甘くない。序盤戦で好位置には持って行けず、敗者復活戦も突破不可で、ベスト4には残れませんでした。まあデビュー戦で表彰台にあがっちっゃたりしたら、ここまでの9年間は何だったんだということになりかねません。練習ということでアンリミテッドクラスにも出走しましたが、今一歩の戦果なしです。

「コース攻略の組み立てがまだまだ出来ていません。初陣とはいえ、初参戦で走る人もいるわけですから、土俵は一緒です」

島雄司監督はなかなか手厳しいです。彼は彼でチーム監督を兼任しながら競技全体の主催者として仕事をしなくてはならないので、ウエストウインにかまけていられないというもどかしさがあります。講評としては、技術と経験値は走り込んで紡いでいくものですから、非力なクルマをどうコントロールするかのセンスに期待しましょう。

アンリミテッドクラスは、結果を先に言えば、川添哲朗選手の優勝でした。しかし並み居る先端ノウハウ詰込みの車両勢に対して、やはり吊るしパーツで組んでいる足回りでは苦戦を強いられたそうです。

「今回の優勝は運に恵まれていました。まず、例のJB23の子が仕事の都合で帰省できず府参戦だったこと。もうひとつは、前回同様強敵となったJB33のテクニックが川添君を追い詰めました。どうにかタイム差ゼロで再戦となりましたがやはり全体的に押され気味。辛くも相手のミスで優勝がこっちに来てくれた」

島監督は大きな課題を持ち帰ることになりました。が、川添君はMINERVA‐Ⅱと自身の伸び代をまだ保有していると話しています。それはどういうことなのか。後藤誠司選手の不在というファクターがかかわっているようです。対後藤の戦いを繰り広げながらも、チームの常勝に何が必要かを判断して共倒れを回避してきた川添君にとって、これからは隠していた牙をいくらでも向けられる。意外と彼のクレバーな走りの中から、キレた瞬間が垣間見えるかもしれません。

2 Responses

いつも応援ありがとうございます
哲朗かろうじて辛勝です(^-^;
足回り全面見直しですね

チヒロは何とかエスクードを操り
まだまだながら勝ちを拾えるようになりました

ですが、もうこうなると今までは未成年のいわば子供が
賑やかしのみでの参加だったのが参戦となり
エントリー者皆がライバル視するようになります

ようやくスタート台に立てたそんな感じです

  • こういった転換期が、次の10年や5年をどう戦っていくか(いけるか)の占いのようなものですが、車もドライバーも1回2回で極められる話じゃありませんよね。
    ただ、逆転の論理で言うなら、何年ものよ?というロートルエスクードで勝つんだから(勝ちは勝ちです)、最先端チューンだけで楽はできないってことですよ。

    でさー、ゆうべお誘いくださった好い心持ちのおねーさん、誰ね?