Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

ほんとは秘祭だったんじゃないの?

No Comments »

ここ数年のメディア露出は異常だと思った「悪態祭り」も、霰が学生時代に四年間の張り付き調査研究を行ったから知りえた変化だったんですが、ことしからさらに変貌していくらしく、2月の時点でなんだかよくわからない企業体と、笠間市が包括提携しておりましたよ。

なんだかなー。一度は廃れて地域の行事から手放されたものだから、その地域の人間がとやかく言える話でもないのですが。

市の提携は悪態祭りに限ったことではなく、市内で行われているお祭り全てがその対象のようです。しかし他所からプロモーションされてまでお祭りを維持存続させ外貨を稼ぐのか、2040年代には避けられなくなるという都市崩壊を座して待つのか、という議論を突き合わせて街の活性化を図っているようにも見えないし、それが行われていても市民に伝わっていない感が強いのですよ。

こういう展開になったら、まあ秘祭奇祭なんてのはおしまいだね。そも、市が放映している悪態祭りの動画を見ても、地元の人なんかいないんですけど。

2018年の悪態祭りは、本日午後に開かれます。

それでも豪雪に勝てなかったら?

4 Comments »

国から、豪雪時におけるタイヤチェーン規制の概略と、指定路線が発表となりました。この指定路線を見る限り、まだ増えるだろうなという路線がいくつもイメージされます。スタッドレスタイヤを履いていてもチェーンをかけなければ検挙されるという仕組みになりますが、数日間もの立ち往生を抑止するには仕方がないと。しかし指定外路線に最近出てきた「ゲリラ豪雪」なる異常気象が起きることもあります。首都高などがそうでした。

いやーそれだったら、スパイクタイヤの解禁をした方が手間がかからないって。現に取り締まる側の車両はずっと使用しているわけで、チェーンより的確だということが証明されている。

粉塵や騒音やら道路が傷むといった環境サイドの問題から、スパイクタイヤは禁止されていったけれど、技術屋にはっぱをかければ、一時期台頭しながら消えていった、形状記憶ピンで路面温度の変化からスパイクがせり出すようなタイヤの再度実用化と汎用化は可能でしょう。単価が高くとも、ユーザーは買い付けますよ。

でも、そんなことより重要なのは、人間、自然には敵わないということ。チェーン装備車両が万全とは誰にも言えないのです。その性能をも阻む降雪と、まさか以上に起きるかもしれない「それでも立ち往生しました」となったら、次どうするのか? 脆弱だなんだと言われようと止めちゃうしかないでしょう。

とりあえず国土交通省に言いたい。三陸沿岸道をあの勢いで作れるなら、月山くり抜くトンネルくらいさっさと事業化しなさいよ。

 

そりゃあ幌車ですから

No Comments »

週末、霙にぷらすBLUEを出してもらって水戸市まで出かけ用事を済ませ、帰宅の途上、国道50号で新型のジムニーシエラを見かけたのですが、交通量の絶妙なバランスから二車線の双方を走っていた両者がほぼ並んで走るという時間ができました。

こちらではシエラの内外寸について「あれでエスクードより少しだけ大きいんだよ」などと話していたわけです。

それを追い越していくシエラの車内では、どんな対話なのかまったくわかりませんが、幌エスクを凝視している運転席の人と助手席の人との視線の動きまでが、僕の位置からだとルームミラーに写り込んで良くわかったのでした。

「やー、なんか視線がささってきますよー」

と、霙も苦笑いしております。

こちらのエスクード贔屓を思いきり差し引いても、シエラの方々の表情は「あー、エスクードだ。初代だ、しかもコンバチだよ」というそのものです。いやー、今を時めくバックオーダー数年待ちな新型のシエラに乗っている人から、そういう視線を受けるというのは、こそばゆいです。

呆   然

12 Comments »

あ~あ・・・

月賦はあと1年。とか言ってられませんな。相手もなく怪我も無いという奇跡に感謝します。

そんな霰さん、本日23歳の誕生日。

 

旧共和国の埋もれた情報

No Comments »

うちのダイズさん、「フォース」を間接的に知っていました。

幼いころから優秀なパダワン・・・といえば、有名なところで言えばアナキン・スカイウォーカー。後のダース・ベイダーですが、パダワンとは修行中の、まだ騎士になっていないジェダイのことを示します。このほかには「今日は惑星ナブーでゆっくりしましょう」とか、「僕が一番フォースをうまく使えるんだ! あっ、番組間違えちゃった」などと言いやがります。

ダイズめ、なんでそんな斜め上な言葉で反応できる?(笑)

ところが案の定、ジェダイという言葉そのものではだめで、ルーク・スカイウォーカーもダース・ベイダーもヨーダも、ライトセイバーもこいつは知りませんでした。そこらあたりから対話がさらに拡大してくれんもんかなあ。

逃げも隠れもしないっつーか、できないけどさ

No Comments »

自動車税の改正において、個体ごとの走行距離に応じて課税率が増減するという検討事項。個体ごとの走行距離をどのようにして突き止めるのか。強制的に点検でも義務付け距離計をチェックさせるのか? プライバシーの侵害にもほどがあるわ。

いつになっても財源不足で無料化される見通しの無い高速道路に、僕がどれだけ投資していると思っているのか(思っている人がいないな、たぶん)

その走行距離のためにどれほど給油し、燃料代から税金徴収されていると思っているのか(これも・・・いないな)

補助金やるから東京23区から出てってくれと言っておいて、地方で車を楯にした財源ねん出とは。これはつまり、来るべき南海トラフや首都圏直下型地震で首都圏壊滅が懸念されるからじゃないのかと、悪態ついてる場合じゃないですな。

go ahead

No Comments »

1972年3月に打ち上げられたパイオニア10号が、史上初めて木星へ到達したのが翌年12月3日から4日にかけてのこと。45年後の現在、とうに太陽系を離れており、170万年くらいの未来に、地球から53光年先のアルデバランまでたどり着くらしいです。

第二宇宙速度でぶん投げたものは、たいていの場合地球には戻ってこない。未知なるものに向かって突き進むのみです。

そこまで乱暴にぶん投げたつもりはありませんが、僕も先週、部下を手放し、彼女は本日より新しい職場で航海を始めます。奇しくも彼女が僕のもとで仕事をしていた日数が、パイオニア10号が木星まで飛んだ日数に極めて近いものでした。

ゆとり世代のコンプレックスか、人をおっさん呼ばわりしやがる(いや実際おっさんだけどさ)けしからん部分が、逆に同世代のヤワな男よりも根性を見せる逸材でした。けど、そういや僕だって、怒りや苛立ちが推進剤だったわあの年ごろって。

2年に満たない時間で教えたことが「なにさ、ちっとも役に立たないじゃん」と言い出すであろう、ちょっと先のことが楽しみではありますが、そうでなくちゃいけない。ま、きっといろいろやらかしながら突き進んでいくことでしょう。

 

そんでね、いまさらなんだけど、俺アクセルの開け方は教えたつもりなんだけども、ブレーキの当て方を教えてないような気がするんだよな。

カオスなヘッダー

8 Comments »

このブログをパソコンでご覧になっている人にはお分かりのことですが、ページが切り替わるごとにヘッダーの画像が変化します。つくばーど採用の歴代エスクードを初代に限って、これまで撮りだめしてきた写真からピックアップして使用しています。

正確な数を失念していますけど、約200パターン登録してあり、ランダムに投影される仕掛けになっています。日々の記事は面白くなくても(それ言ったらおしまいだな)、ちょっとは見ものと言えるでしょう。

ところが、androidが使っているブラウザだと、ここは表示されないのです。これがiPhoneも含めたスマートフォン全体でそうなのかどうかはまだ確認していませんが、わりとがっくり。

ブログ構築の設定か、僕の端末の省電力対策か。いずれにせよ努力が報われておりませんでした。とはいえ、表示されないから何か問題があるのかと言われると、無いんですよね・・・

オーサカッ

2 Comments »

団塊の世代が後期高齢者になっていくという年回りに、たぶん彼らが若手としてハード、ソフトの現場で走り回ったであろうあの大阪万国博覧会が再び誘致されるとは。

僕の親父なんかは既に齢八十を過ぎているから、その頃既に三十代でしたがそれでも三十代で、大阪万博にも札幌冬季オリンピックにもかかわっていたようです。大阪にはどこかのアパートに滞在する形で数日、万博に連れていかれた覚えがあります。

当時子供だった僕は当然、未来科学技術のこれでもかというオンパレードとアポロ計画の成果品の洗礼を受けました。その後の日本がなんでこうなっちゃうんだろうと、想像すらする必要の無かった時代です。2025年じゃあまたしても僕なんか外野ですが、まだいないけど「孫」(笑 これなんかも現段階で想像もつかねーよ)が目を輝かせる時代の幕開けを引っ張り出してほしいです。蛇足ですが、「太陽の塔」(あえてロボ)は説明不要でしょうし、「ガンヘッド」は2025年が舞台のSF。

因果果てなく

2 Comments »

ぷらすBLUEの車検に合わせたエンジンのオーバーホールが完了したので、代車を返却し引き取りに行ってみれば・・・

なんかまた・・・以前のように見慣れた個体がドック入りしているではありませんか。

エンジン載せ替えたばかりだろうがっ

主治医の見立てによると、インジェクションが開きっぱなしでプラグが被ってエンストするらしいのですが、アイドルコントロールバルブにも疑わしいところがあるし、ECUも怪しいとか。

だからさー・・・ という堂々巡りが始まる予感。