Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

振り上げた空拳

No Comments »

盆休みのこと、叔父貴夫婦が帰省してきて「終活」を始め、自宅内の全面的な片づけをしているのだと言う。いくらなんでもまだ・・・多少早いんじゃないの? と受け答えをしていたわけです。

すると、

「これは捨てずにしまっておくことにしたんだけど、見せようと思って持ってきた」

とA4サイズの紙きれを広げるのです。

それは日付までは書かれていなかったものの、霰5歳くらいで霙3歳くらいのときに描いたと思われる絵手紙でした。妻に聞いたら

「あー・・・そういえば『お礼に何か書きなさい』って言ったことがあったよねえ」

との証言も出てきました。

ふーん・・・あいつらそこそこの絵心はあるんだなあ。あの当時、叔父貴が乗っていたアエラス(エスティマ)の特徴をなんとなくつかんでいる・・・

などと僕が感心したと思いますかっ!!!

この20数年、何度かエスクードの絵を描いてよと頼んだことがありますが、あいつらただの一度もこのリクエストに応えたことはねーんです。

それが、よりによってエスティマだとおっ?!

霰はどこだ!・・・あー会社か! 霙はどこ行った!・・・クラス会か!

こんな愚弄は許さんっ、帰ってきたら各々そこへ直らせよ!

 

まそんなわけで? 台風来ていたらしいですが、つくばーど基地に関してはマイクロバーストの発生によって、なんかずーっとジョーダンじゃねーよってほど暑くていい天気でしたよ。衣類から布団から(布団はコインランドリーに持って行った)洗濯機に放り込んでも投げ込んでも、車庫の屋根下では瞬く間に乾燥完了でしたよ。

でもって直らせた奴らに至っては「こんなん描いたっけ?」「描いたんでしょうねー、あるんだから」と、まるっきり忘れてましたよ。

 

Leave a Reply