Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

行く春や鳥なき魚の目は・・・今でも涙

2 Comments »

ざっと320年くらい前の4月ごろ、芭蕉は栃木路を北上していたはずで、浜通りに足を向けてはいません。双葉町の帰還困難区域には、まだあのオートバイが往く春を見送るように不動の姿で草に埋もれていました。

鳴く鳥も魚の姿も見ることのない、寒々とした先週の出張の朝の風景。

2 Responses

まだ、あるんですねえ…。時が止まっていますね。

  • ここにいることで、あの日を刻み付けてくれているんでしょうね。
    そういう車両は他にもたくさんあります。

  • Leave a Reply