Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

NEWカバー

2 Comments »

今度も黒猫。

一個目のカバーも黒猫柄。
一年使ったらあちこちボロボロになったので、友達から誕生祝いに貰ったのと選手交代。

キリッと凛々しい黒ニャンコ。
でんちゃんのお腹、こんなに引き締まってないわ(汗)

今日あたり書店に

2 Comments »

実は前号がなぜか9日ではなく9月7日に発売されていましたが、スーパースージーは基本的には奇数月の9日に出る雑誌です。ということで本日あたり書店に出ているはずで、まあ主たる内容は四代目ジムニーのあれこれのオンパレードですけど、数少ないエスクードのページには那須高原でのミーティング風景を紹介しております。しかしこっちには四代目エスクードは出ておりません(笑)

 

もう一つ楽しみなのは、広島県で行われたJ‐ONE/GPに参戦して奮闘したチーム・ウエストウインと、彼らに協力してくださった人々のバックヤードドキュメンタリーがどのように記事化されるか(これについては後日)

こんなときに僕自身は明け方には岩手県の普代村にたどり着かねばならないので、書店に行ってる余裕がありません。昨日までに基地には最新号が届いているというのに、片道650キロくらい走らないと戻れないという・・・

で、戻る途中にTSUTAYA系列の書店(スーパースージーはこの系列に出荷している)に立ち寄って、一冊購入しました。うちの連載ページ以外にもエスクードの登場比率は高く、ざっと見渡して高橋さんの「九州J通信」とTDAリポート、福永辰巳さんの「イタリア通信」、徳島市のアウトクラスカーズが仕上げた四代目エスクードなど。

エスクードの誕生三十周年としてはこの号が最後?(年度で言えばあと二回あるけれど)だし、まあまあここ数号は露出度高かったですね。

しかし、そういうのありなんですか? だったのがイタリア通信におけるエスクード誕生物語と題した、片岡祐司さんの紹介と初代開発エピソード。読み比べていただければ一目瞭然ですが、我々が作った企画webに掲載してある片岡教授のリポートを表題ごとほぼ丸写しです。たぶん元の原稿を片岡さんが提供しているのだと思われますが、いみじくもデザインやる人が原稿ほぼ丸写しって、呆れちゃいます。うちも片岡さんも手弁当でしたが、これ稿料出るんでしょう? ならばせめて構成くらい考えてもらいたいものです。