Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

ついうっかり。

2 Comments »

時計の跡クッキリ・・・

日曜日、辛うじて顔だけは塗ってた日焼け止め。
うっかり塗り忘れた腕と首回りが大変な事に。

帰宅してから鏡をみたらあらビックリ。
Tシャツのカーブに沿って綺麗に真っ赤・・・
そして腕はご覧の通り。
新月サンに「ウケるぅ~」と笑われましたヨ。

やる気あるじゃん

やる気あるじゃん はコメントを受け付けていません。

これじゃないですよ

スズキUKでは2020年までにビターラのPHVモデルを投入すると。

そういうことが書いてある・・・と思う

そこに「華」を見出し認めるかどうかの世間の評価は今後の動向を見守るのみですが、時代の潮流を読むのであれば、クロスカントリー4WDの衣を脱ぎ捨てた四代目に必要だった競合性やブランド力のピースとして欠けていたものはそこかもしれません。いや実際、その対象としてビターラ/エスクードが選択されたことは歓迎すべきでしょう。

この背景論として、プラグインハイブリッドパワートレーンにかかわるコストが約10000ポンドと試算するUKの理屈があります。ざっくり150万円弱のコスト上乗せ?は、少なくともヨーロッパにおいてはS‐CROSSやビターラクラスでないと需要が無いということでしょう。まさかその額面を丸ごと上乗せしていくとは思えませんが、上級モデルならそれは可能です。

向こう10年間で、PHVの販売戦略を確固たるものにしていこうとするスズキの新たな戦略モデルとなるビターラ。これはかつてディーゼルモデルがありながらも国内投入してこなかった先代とは異なり、「エスクード」としても実現してきそうな予感があります。しかし波乱万丈だね、テンロクNAが廃止され、1.4ダーボが出たかと思うと、それが1.0ターボへのダウンサイズといううわさが流れているときにこれだもの・・・