Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

祝4才。

2 Comments »

仲良し。

でん助&いち之助。
大病もせず、無事に四つになりました。

たび助のように扉という扉を開けるとか
押し入れを開けて中で寝るとか(これはふぅ・ちぃもやったけど)
困ったいたずらをする事なく、普通の〝猫らいふ〟してます(笑)

実寸の脅威

実寸の脅威 はコメントを受け付けていません。

おなじみ?の牛久阿弥陀如来大佛さんは、アングルと高さによっては「何処かへ向かって歩いている」ようにも見える・・・気がします。

近くに送電線と鉄塔もありますし、これがもうちょっと夕暮れ時だったら立派に怪獣絵巻(かなり罰当たりな発言)。どれくらい高いのかと言えば、像高100mですから、グロイザーロボ、バルディオス、ゴッドライディーン並みの大きさです。

しかし、こうして森の向こうに見えているお姿は、さらに高さ20mの台座に乗っているので、それを合わせるとUFO戦士ダイアポロン、無敵鋼人ダイターン3、合身戦隊メカンダーロボ、宇宙魔神ダイケンゴー、Gforce版メカゴジラと同じ巨大さとなります。

・・・いや、最近、それは逆だと思うようになりました。ダイアポロンからダイケンゴーあたりまではね、スーパーロボットヒーロー全盛時代の産物だから目をつむれるけど、平成におけるメカゴジラなどと言われたら、もうゴジラともどもあらたまってマッドサイエンスとしか受け止められないのだわ。

フレームとか関節とか駆動系っていったいどうなってんのよメカゴジラ?