Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

気持ちはわかる

4 Comments »

おほほぁー!!!!!

と、唐突に、いわさきさんが雄叫びを上げていた(今月の初めに)のでなんだ?と思ったら

ウルフェス!サイコー!ってできたよー!!!

だって。

いわさきさんといえば、世代を越えてウルトラマンエースのファンだったそうですが最近はウルトラマンジード推しだということで、最新のウルトラマンであるタイガをセンターに擁しながらもその隣にジードがいるシーンは格別だったことでしょう。

が、送られてきたスチルを見ていて、勢ぞろいするタロウ以下新世代ウルトラマンたちに一人だけ違和感を覚えたわけです。妙に男前な雰囲気になっているけれど、これは2013年にULTRA‐ACTでリニューアルされた仕様のウルトラマンジョーニアス?

ウルトラマンジョーニアスは、ご存じ?のように1979年に円谷・日本サンライズの協力で描かれた「ザ☆ウルトラマン」の主人公。第三期ウルトラシリーズの第1作目でしたが、アニメーション作品であったため、次のウルトラマンである「80」に比べて客演が少なく、歴代ウルトラマンをつないだウルトラマンメビウスにも出てこなかった。着ぐるみが登場するのは意外に早く、「ザ☆ウルトラマン」と同年上映の「ウルトラマン怪獣大決戦」冒頭シーンからでした。この旧デザインの着ぐるみは最近まで、アトラクションなどで使われていたようです。

ただ、多くの人が唖然とした、登場当時のジョーニアスの顔は全くの別人のよう。80の顔造形もひどかったけど、秀作と云われたウルトラマンレオの次にこれかという出来の悪さでした。2013年に可動フィギュアが出されたとき、アニメのデザインに近づけリニューアルしたことが今回の造形で活かされ、フィギュアのそれとはまた異なるブラッシュアップが成されました。いやー、いわさきさんのジード推しも理解できますが、それ以上に今年のウルフェス向けに仕事をした造形屋さんの気持ちがわかります。