Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

求むっ業務用-!

2 Comments »

手が攣る・・・

新年度になって、古い帳票を処分してます。
ファイル11冊分のストックフォーム・・・

手で裂いてますがっ!
(恐らく一箱分はある)
会社のシュレッダー、ご家庭用なので一度に裁断出来るのはA4用紙5枚
・・・役に立たない(泣)

社長ぉぉぉぉぉっ
業務用買って下さいぃぃぃぃぃ(号泣)
とは言っても、業務用すっげー高いんだよね・・・

失われた「神一族文書」の妄想

No Comments »

本編としての「無敵超人ザンボット3」のことではありません。ビアルの星を故郷とし太陽系に逃げ延びた人々の末裔に「伝わっていた警鐘と予言」の背景は、案外こうだったんじゃないかなあという勝手な妄想ですから、諸関係筋には一切の関係もありません。

神、神江、神北家はそれぞれ、大型の恒星間移動基地を用いて太陽系にやってきた。それが「物語の時代から150年前」と言われています。

この基地・宇宙船は各家ごとに分離分家し駿河湾、江戸(東京)湾、諏訪湖のみな底に隠され、亡命者たちは各地に根を下ろして地球社会に溶け込んでいきました。

150年前、というキーワードを、いつから150年前なのかと定めなくてはならないのですが、これはザンボットの物語が放送された1977年を基準とします。しかしきっちり150年とも思えないので、実際には10年くらいの前後幅はあるものだと想定します。

この時代、平たく江戸時代と語られていますが、細かく言うと第11代征夷大将軍・徳川家斉の時代、文政年間にあたります。徳川家斉・・・曰く「俗物将軍」のことを書き出すときりがないので、もったいないけどここはスルーし、この頃何が起きていたかというと、信濃国松本藩で赤蓑騒動(あかみのそうどう)と呼ばれた世直し一揆であったり、「花の影寝まじ未来が恐ろしき」と自らを悔いた俳句を残した(辞世ではないけど)小林一茶が信濃で他界したり。

英国船が捕鯨のために水戸藩領の大津浜沖に現れ、そのうえ上陸までしたものだから、これを捕縛した幕府はかねてから警戒していた西洋異国船を排除するための異国船打払令を発布しています。にもかかわらずいろいろ身分を騙って長崎に居ついていたドイツ人のシーボルトは、帰国時に忠敬が編纂した『大日本沿海輿地全図』の縮図を持ち出そうとして、これがまた折からの台風で船が座礁し積み荷が流れて発覚するという、神がかりな事件が勃発しました。

信濃の一揆、一茶の後悔、幕府の異国船打ち払いと、それぞれに何らかの形で、後の神一族が間接的にかかわりを持っていたとか、超異国の文明に触れてしまった俗物将軍がこれに陶酔し擁護と警護を命じたとか、幕府に取り入ったビアルの人々が、ザンボットの頭部意匠に手を加え、伊達政宗っぽい兜にしてみせたとか、まあ歴史にはそんな記述は一切ないのですが、そういうことが次々と起きていたのが、ガイゾックが地球に攻めてきた昭和から150年前の日本だったのです。

異国だって、ジパングにとんでもない文明のコンタクトがあったらしい、くらいの情報は入手したでしょう。シーボルトが地図を持ち出そうとしたのは、戦略的な日本国土の地形情報以外に、異文明の要塞がどこに隠されたかを知りたかった。それを台風の形で阻止できるテクノロジーが、ビアルの文明なら可能だった。そんなもん異国だって欲しがるわけで、後の神一族は地球に帰化するため、密かに幕府と手を結んだからこそ、神家のように網元級の家系になれたのではないでしょうか。

当時悪ガキだった神勝平は、現在五十代半ば。ガイゾックとの戦いにおいて受けた精神的な痛手とトラウマをどんな風に乗り越えてきたのか来られなかったのかは、誰も知らないのですが、宇宙船キングビアルやザンボットの設計図は日本政府の手にもわたっており、決戦には間に合わなかったこれらのテクノロジーはおそらく健在。仮に勝平が因果を断ち切ることができない立場に置かれているとしたら、それはそれで哀しい物語の続きとなるのかもしれません。