Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

朝からてんやわんや。

2 Comments »

わしゃっ!

会社のパソコン入れ替えでーす。
朝からシステム会社のお兄さんが二人来て、あっちでカチャカチャ
こっちでカチャカチャ。
義妹に
「ちゃんとバックアップしといてよね!」
と言われてたのに
フォルダごと移動してもらえるからとボーっとしてたら
仕入れ先のIDとかパスワード控えとくの忘れました(爆)
IDは分かったけど、パスワードが・・・
仕方ないから「パスワード忘れました」で、再登録。
やな汗と埃にまみれて一日終わったー・・・

謎の河鹿沢温泉

No Comments »

河鹿沢温泉 334
その後の河鹿沢温泉 280

もうね、付けちゃいますよ「謎の」の冠。この一週間で、このブログの同記事にやってきた人の数です。一般論で言えばバズったほどの数じゃありませんが、無名のブログとはいえ異常事態です。

検索した人々には申し訳ありませんが、河鹿沢温泉の場所がどこかとかの記述は一切ありません(でもGoogleあたりでトップに出てくるらしいうちの記事)。そもそも「どこか」というのはロケ地として使われた映画の話であって、吉田秋生さんの漫画をベースとしながら同じことを探求するのは無意味だと思うのです。

なんで短期にヒット数が赤まる急上昇したかといえば、「詩歌川百景」単行本の第一巻がリリースされ、その舞台である河鹿沢温泉に再び関心が寄せられてのことでしょう。よくよく読み込んでいただきたいのですが、旅館あづまやなんか、映画の建物とはまるっきり形が異なり、ゴジラ岩なんて名物まであるし帷子岳という山も出てくる。

まさかのこの漫画の映画化が行われたら、その限りではありませんが、少なくとも「海街diary」のときのような重い部分しか拾わない作りと考え方の映画脚本はやめてもらいたいし、あんな監督には撮ってほしくないので、河鹿沢温泉はもはや映画の世界とは切り離さなくてはならないのです。

だけど第一巻を読んでみて、つながりのある「海街diary」とは別物の、主人公以外の登場人物に感情移入できない読後感が正直なところ。なんかこう、みんなして腹の探り合いをやっているような人々で不快です。