Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

ちはやぶるってるあらぶるってる

No Comments »

日光の山々も初冠雪しましたが、ことしの紅葉は夏までの長雨の影響で「きれいではない」という印象。でもたぶんほとんどの人々はそんなことを意に介さずやってくるので、渋滞。しかし助手席ですからまったく関係ありません。

珍しく霰の休日と僕の暇が一致したので、中禅寺湖まで昼飯を食いに、ヤマタノオジロで出かけてきました。

霰にとっては初いろは坂だったのですが、親が言うのもなんだけれどけっこうアグレッシブに第2いろは坂を登っていきます。ああこりゃ「母親譲り」かもしれない。だけど意外と混雑していないなあと油断したら明知平からはびくともしない渋滞、いや停滞。

目的地には40分遅れで到着のため、昼食のテーブルに辿り着くのも40分待ちとなり、世の中のGOなんとかに巻き込まれました。

中禅寺金谷ホテルのレストランがコロナ禍警戒で休業しているのも仇になってますが、ユーコンなんて昔は全然美味しくないハンバーガーしか記憶になかったのに、今や超人気カフェになってました。金谷ホテルの100年カレーを晩飯にテイクアウト注文し、我々は牛ほほ肉のなんとかいう赤ワイン煮込みを食いながら、来た時よりひどくなる渋滞を眺めていると、救急車とレスキュー車が竜頭の滝の方へ出場していく。むー、これ以上先へ進むのは無理だねと、昼飯のあとは第一いろは坂へと引き返します。

第一いろは坂もそれほど混雑せずに下り始め、「パッケージのカレーをこぼさないド・・・ど・・・どんがめなコーナリング」でダウンヒルするのですが、これまたけっこうアグレッシブ。なんだセミオートマ使いこなしてるじゃんと思ったら、「いやー初めてパドルシフトいじったけど使いにくい―」という恐ろしい答えです。車はちはやぶり、運転手は荒ぶるという構図から考えると、ヤマタノオジロの基本性能は大したもんだなあという結論に至りました。