Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

どんっ!

2 Comments »

固めて置くと巨大な・・・

モ・・・モノリス・・・
いや、違うから。

「どこに下します?」と運送屋のおぢさん。
偶々事務所にいた義弟ずが手をかして、1だーい。2だーい。
・・・3台もあるんかいっ!(書庫です)
2階で使うらしいのだけど、階段でしか運べない部屋なので暫し放置。

多分明日の朝、総出で移動だな。

KOYOMINA再び

No Comments »

「来ぉよ、みんな」という遠野言葉を調理して生まれた店名『KOYOMINA』については、昨年もお店の紹介で書いていますが、まだ夜時間の営業を楽しめていないのが自分の中では無念。昼時間の短角牛ステーキを使ったスペシャルランチが予約制になっていたことは残念。それでも地産地消や六次産業化への彼らの熱心さとこだわりは、丁寧に料理の中そとに織り込まれています。今回牛は断念して、岩手県産の豚を使ったハンバーグ(ご飯とミニサラダ、スープ、飲み物とデザート付き)をお願いしました。

ハンバーグはプレーンで口にしてもほんのりと味付けしてあり、こね具合も相まってうまいところへ、玉ねぎベースにワインを加味したソースが相乗効果を醸しだします。それに負けないほど眼でも舌でも楽しませてもらえるのが、自ら育てている温野菜の彩。設えが大胆でいて細やかなところに目が行きます。これはつい、ギャルソン君に尋ねてしまいます。その場でわかりやすく教えていただくのがまた楽しい。価格のことを書くのは粋ではないんですが、ランチとはいえ五種類ほどの献立すべてが千円税込は頑張ってるなあと思います。

料理を食べ終えて、この日はアイスコーヒーを選択してひと息ついている時点で(というよりオーダーのときに気づいていなかった)忘れていたのがデザートでした。シェフ君が自ら配膳してくれ「ちょっとこだわってみたのですが、牛乳と砂糖だけで作りました」というジェラート。そりゃ融けないうちに食わんとだめだね? と気にしながらも対話を続けてしまう。これについては「砂糖抜きでいける」くらい探求したらいいのではないか。しかしこういう献立添えって、ぐっと暑くなった遠野の初夏らしさとして考えられているよねえ