Trend-Blue

  ~懲りない傾向~

ケンタウル露をふらせ

ケンタウル露をふらせ はコメントを受け付けていません。

軽率なことをした。

「機械の体をもらいに行きたいので、銀河鉄道のパスを手配いただけないか」

友人からのメールはいつもの如しだったが、いつもと違っていた。

「あー、メーテルさんは要りません。独り旅と洒落込むつもりだから」

パスを(まあ偽造だけどね)発行しながら、腑に落ちない文面に、何事ぞ? と尋ねたら、重い病の報が届いた。

そんな、俺より若いじゃねーかよ。そのうえ、俺なんかよりずっと知力も体力も使いこなしているはずなのに。

偽造とはいえ、パスなど発行すべきではなかった。そもそも偽造なので、銀河鉄道には乗れるはずはないのだけれど。

だが999もどうやらまだ完結には程遠いらしいし、銀河鉄道の夜にしたところで「第3稿」まではあの結末ではなかった。

どうせ改札を通れない無期限・無制限だけど無効なパスだ。まだ何か手立てはあるかもしれない。

あってほしい。

ある日の夕飯。

2 Comments »

「ラーメン食べたい」
と、唐突に夕飯は喜多方ラーメン。
期間限定のが食べたかったのよっ。
「俺、昼もラーメンだったんだよね。しかも喜多方・・・」
そりゃー申し訳なかったねぇ(←棒読み)
一応、「じゃあ回転寿司でもいいよ?」と言いましたもん。
ラーメン屋にしてくれたのは、新月サンのヤサシサって事で・・・

にんにくの芽たっぷり。

新月サンはミニ丼つき(笑)

第三惑星の寝起き

第三惑星の寝起き はコメントを受け付けていません。

ダンとソガが人工冬眠と自動航行の実験機に乗り組み「第四惑星」にたどり着いたのは、2000年8月30日のことでした。彼らはそこで、電子頭脳や機械制御に支配された人間社会を目の当たりにし、合理的かつ効率のみで杓子定規の論理に翻弄される人間を放置できず、自らの脱出とともにこの文明を崩壊させました(実行したのはウルトラセブン)

子供心にまさしく「悪夢」のような社会を見せつけられ、そこに至るプロセスには夢と希望の未来社会を構築しようとした人類の英知が介在していたことも想像させられたのです。

よその国では1997年の8月29日に人工知能スカイネットが自我を持ち、人類を粛正するため核戦争を勃発させていく「審判の日」なんてことも起きていたらしいですが、「第四惑星の悪夢」は1960年代と未来をつないだ物語。冬眠処置中に見た夢であろうと笑い話に片付けられてしまうのですが、視聴者側はダン、ソガとともに笑えない未来現実を垣間見ていました。

その判然としない「夢か現か」のひとときから、ドラマベースで19年が経過している今、パソコンとインターネットが実に便利で豊かな社会を構築しているようで、紙一重の危険と明日をもはらんでいるよねえと、あらためて感じるわけです。

これからAIだとかIoTだとかが台頭していくなかで、「あー君、明日から要らないから」などと言われそうな筆頭の場所に自分は居るんじゃないかと、段々実感を伴ってきたところで、昨日の朝は飛び起きましたよ。

とりあえずジャム。

2 Comments »

二瓶。

「凍らせたのが一杯あるから持ってって」
と、母にもたされたブルーベリー。
庭の向こうの畑に2~3本植えたらポツポツ生るんだそうな。
「誰も食べないんだもん」
・・・アタシは処理班かっ!(笑)
とは言え、家も生じゃそんなに食べないしなーと
とりあえず煮てしまいました。
グラニュー糖切らしててきび糖で煮たから甘みがちょっと・・・
ヨーグルトにでもかけて食べるか。

制定日まで待てんわ!

制定日まで待てんわ! はコメントを受け付けていません。

8月29日が「やきにくの日」というのは薄々察してはいましたが、土用の丑の日、天ぷらの日(7月23日らしい)と並んで「夏バテ防止三大食べ物記念日」だとは知りませんでした。

「誰だよそういうのを決めているのは?」

「それ以前に待ってらんないっしょ!」

鰻、天ぷらと食いつないで焼き肉までつなげということなのでしょうけれど、霰の職場はウルトラスーパーハードワークの気力とスタミナ勝負なところなので、腹を壊さない程度に食えるものは食いたいときに食っておく信条を養っているようです。

てことで29日まで待ったりしない父娘(あー、これ、24日の暑気払いよりも前のお話です)。あとの二人は仕事と学校で不在なので、まあ二人だったら暴飲暴食にもならんだろうと行ってきたわけですが・・・母親譲りのアイアンストマックぶりにあらためて「二十代ってすげーわ」と感嘆させられましたよ。

 

お天道様は偉大だ。

2 Comments »

梅雨が明けてから、日中は外の風にあててる胡蝶蘭。
昨年9月に新月サンがコンペで貰って帰ってきた花かごの中の1個でした。
元々の葉が1枚2枚と枯れ落ちて3枚しか残らなかったので、ダメかもと思いながら花が終わって茎を切り戻ししたら、1本だけがゴールデンウイーク過ぎた辺りで花芽が伸びてきて、6月に満開に。(他の2本は枯れた)

花に栄養全部取られて枯れちゃうかと冷や冷やしながら様子みていたら、ちっさい芽がやっと出てきました。
はー、やれやれ(冷や汗)

外気にあてるのは重要なのねぇ・・・(間接的に日光もね)

頑張った。そしてまだ咲いてる。

初めての新芽。

これは面白い!

これは面白い! はコメントを受け付けていません。

これは参考資料

「西日本学生ドリフト祭」というイベントが9月5日、奈良県山添村の名阪スポーツランドCコースで開かれるそうなんですが。

インターネットでこんなチームを見つけました。

それが直近ではこんなんなってこんなです。

うわー、見に行きたいけど木曜日だよ。どなたか観戦しに行ってくださる方いらっしゃいませんか?

 

・・・えっ? 日光サーキット?

・・・今日っ?

・・・換えんとダメかぁ?

4 Comments »

カリっとジューシー

休みの日、新月サンがゴルフ行った帰りに餃子買ってきてくれたので。
焼いてもらいました
(上手に焼けないンだもーん)
私の実家では何故か餃子に大量のキャベツが敷かれていたので、
結婚して間もない頃
「餃子焼くね」と言われて
「じゃ、キャベツ切るね」と答え
「なんで?!」とビックリされました(笑)
今では我が家でも定番ですが。餃子の油とタレがしみたキャベツ、美味しいよ?

そりゃーともかく。
換気扇が機能不全ですよ(泣)
煙の半分はレンジフードから逃げて、リビング中に蔓延しております。
・・・翌朝も餃子臭漂ってました。(ファ〇リーズしないからじゃ!)
ガスコンロ換えた時に、一緒に取り換えればよかったかー・・・

Team WESTWIN Warriors #134

8 Comments »

25日に開かれたTDA第三戦は、川添哲朗選手が優勝したものの、第一戦を走っていないことから、ポイントランキングにおいてハンガースポーツから出走している2台とは、僅差の第3位にあります。つまり最終戦で川添選手が優勝できても、この2台がポイントに絡んでくると、総合優勝が難しくなるという緊張感が残りました。

今期、後藤誠司選手は一度も出走していないため、川添選手にもエスクードにも負荷がかかっています。

第三戦では、川添選手も珍しく派手目のドライブを展開し、クルマをジャンプさせ着地の衝撃でドライブシャフトの破損を招きました。応急修理のため本番以外はほとんど乗車できない状態からの優勝は、さすがはWESTWINの看板です。しかしエスクードに関してはかなりの満身創痍でもあります。

「出走チームは別なのですが、パジェロミニで走り出している高校生がいて、まだまだ余裕なんか無いんだけれどセンスはいいなあと思える子が出てきました。彼の父親が今回、川添君の車の修理を手伝ってくれています。有望な若手が育ってくれると良いのですが」

島雄司監督は今回、主催者なのでWESTWINの指揮に関与することはできず、大会全体を俯瞰で見ています。恋の浦のサーキット場自体が海外企業に土地買いされ、来季の開催にも課題問題が生じるなど頭が痛いそうですが、大会そのものは充実してきています。

 

桃砲着弾(笑)

2 Comments »

でかい!

昨年に続き、今年もはるちゃんから桃が届きました。
「今年は不作らしいよー」
梅雨時期の日照不足の余波かしら・・・
そんな貴重な桃。ありがたく頂かなくては。

それにしても、ソフトボールくらいありそうな大きさだわ。
食べきれないから義弟1号んちに半分おすそ分け。
義妹も「でかっ!」と申しておりました(笑)